欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

交渉していてロット数が多すぎるとき。

こんばんは。

ゴールデンウィークは
いかがお過ごしでしょうか。

私はいつもどおりですね^^

人とずらした行動をするのが、
好きなタイプなので、
ちょうどよい感じがします。

さてさて、
輸入ビジネスで交渉していて、
相手のショップやメーカーの
条件に最少ロット数が
あったとします。

「最低これ以上は
買ってくださいね」

という条件です。
「MOQ」と
呼ばれることもあります。

これが、例えば、
50個とか100個とかになると、
最初からなかなか恐くて
買えないですよね。

売れるかどうかも
判断したいですよね。

このような場合は、
一度テスト販売したいので、
「サンプルを買いたいです」
といった言い方もできます。

また、
「最初はテストしたいので
10個買って、
2回目以降は50個買います」
といった言い方もできます。

特にメーカーになると、
小さな個数で取引するのは
手間がかかるので、
いやがられるんですよね。

ですので、
「ずっとではないですよ」
と伝えれば、
応じてくれることも多いです。

最初は、やっぱり
テスト販売してからの方が、
いいですよね。

ダメでもともとで、
まずはなんでも
交渉してみるようにしましょう。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
今月は、いつもより交渉もがんばります。

応援のクリックをしてもらえると、ほんとうれしいです!

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^