欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

Amazonのカートボックス獲得率について。

こんばんは。

 

さてさて、基本的なお話しですが、
ご存じない方もいらっしゃったので、
Amazonのカートボックス獲得率について
ちょっとお話しさせてください。

Amazonは、
複数の出品者が同じ商品に
出品した場合
その複数の出品者にカートが回ってくる
システムになっています。

その商品に対する
自分がメインカートが
獲得できている割合のことを
カードボックス獲得率といいます。

カートボックス獲得率は、価格やポイント、
出品者の評価、カスタマーサービスのパフォーマンスなどが
影響すると言われてますが、
Amazonシステムで決まっているので
詳しいことは実際には分かりません。

それで、
カートボックス獲得率が高くなると、
単純にメインカートを獲得できている
時間が長くなりますので、
売れるチャンスが長くなります。

やっぱり商品を買うときは、
ふつうはメインカートから買うのが
一般的ですからね。

なかなか
出品者一覧のところを開いて
そこから選んで購入される
お客さまは少ないですよね。

なので、
カートボックスの獲得率は
大事になってきます。

ちなみに、この商品ごとの獲得率は
Amazonのセラーセントラル→
レポート→ビジネスレポート
のところから見ることができます。

全体の数字は、
Amazonのセラーセントラル→
価格→価格設定ダッシュボード
から見ることができます。

それで、ちょっと気付いたのが
私がメーカーと独占販売契約を
契約して販売している商品が
あるんですよね。

出品している出品者が
私しかいないのですが、
それなのに獲得率が100%でなくて
30%ぐらいの商品があったんですよね。

不思議に思って
Amazonに問い合わせてみたのですが、
そういうことはよくあるケースで
詳しいことはシステムのことなので
明確にはお答えできませんと言われました。

うーーん、
特に問題はないのでしょうが、
なんかちょっと気になります。

もし詳しい方が
いらっしゃったら
教えてください^^

というわけで、
一般的にカートボックスの獲得率が悪いと
売り上げに影響してきますので、
「どうも最近売れゆきが良くないなー」
というときは参考にしてみてくださいね。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
どんなに良い商品も、目につかなければ選ばれないものです。

↓鯛めしが気になる魚好きな方は、クリックをどうぞ^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^