日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

商品単価と利益率の話。(とくに独占系)

こんばんは。

読者の方のご感想で、

「先日の
『輸入ビジネスをもうやめたいと思ったときに』
の話がとても良かったです。
気持ちがこもっていて、心にしみました。」

とのご感想をいただきました。

ありがとうございます!

この話が良かったというお話を
他の方からもいただいて、
なぜか反応がよかったようです。

でもそういってもらえると
うれしいですね^^

どんな内容だったか
詳しく覚えていないのですが、
こういった内容ってあとで
読み直すと恥ずかしくなるので
読まないようにしています。

そのときは、
そのテンションで気持ちを込めて
書いているのでいいのですが、
あとで冷静になって読み直すと
なんだか照れ臭いからですね。

気になる方は、数日前の記事ですので、
よかったら読んでみてください。
(なんか、改めて読んでもらうのも
やっぱりちょっと恥ずかしい。。)

さてさて、
今日は商品単価と利益率について
お話しさせてください。

単純転売の小売り仕入れの場合も
単価や利益率は大事ですよね。

たとえば、1個売れて
利益が200円しか出ない商品であれば、
リサーチから仕入れ、
納品やその後の処理などを考えると、
労力に対しての利益は少ないですよね。

なので、たとえば、
販売価格が1000円くらいの単価が低いものや、
利益額が低いものは扱わないというのも
作戦の一つです。

また、利益率が低いものも同様で、
利益率が例えば10%しかない商品であれば、
在庫リスクや、税金のことも考えると
これを扱わない方がよいことが多いです。
独占系の商品であれば50%以上あると、だいぶ売りやすくなります。

それでなんですが、
今度はメーカーからの直接仕入れや
独占倍の商品、総代理の商品などになってくると
よけいに商品単価や利益率は大事になってきます。

こういった商品を絞った単品の商品に力を
入れて売っていくなら、広告も必要になります。

なので、あまりに単価が安いと
広告をかけると、
広告費がもとがとれなくなってしまうんですよね。

できれば、少なくても5千円以上、
できれば1万円以上の商品で、
利益率も高い商品であれば、
広告も自由に使いやすくなります。

広告を使って、販売個数を伸ばして
プラットフォーム内の
SEOも強くしていくイメージです。

なので、やはり
こういった商品は商品単価や利益率は
とても大事になります。

逆に商品単価がたとえば、
10万円といった高い金額になると、
それなりの商品に対する魅力が必要ですし、
販売者側のスキルもさらに必要になってきます。

ここら辺は市場規模や
競合の強さを見て、判断していきます。

というわけで、
今日は商品単価と利益率についてのお話しでした。
特に独占系の商品を考えている方は、
参考にしてもらえれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
CMをたくさん出している商品は、利益率も高いのでしょう。

↓おかげでランキングが上がってきました。ありがとうございます^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録