日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

売れている商品に相乗りされて、 値下がりしたとき。

こんばんは。

5月から
令和の元号が始まったんですが、
日常でまだその文字を
使ったことがありません。

何かの書類に記入するときに、
今までは「平成何年」という書き方だったのですが
今は「令和元年」という書き方になりますよね。

なので
その瞬間をまちわびていますが、
まだチャンスが回ってきません。

もし書類の中に「平成   年」

と空欄があっても、
わざわざ
「令和元年」に書き直す
つもりでいます。

パソコン作業が多いので
書類に触れる機会がすくないです。

早く、
初令和のチャンスが回ってきてほしいです。

さてさて、
いただいたご質問にお答えしていきます。

「月に20個売れる商品があって、
よく売れているのですが、競合セラーが入ってきて
すごく値下げするので利益が少なくなりました。
この場合はどうすればよいでしょうか?」

これは、
特にAmazon販売であれば
よくある悩みですよね。

まずは、

仕入金額の交渉

というものが思いつきますよね。

その商品を販売している
メーカーやショップを探して
まとめ買いするので安くしてほしいと
交渉していきます。

これで、自分がほかの出品者よりも
安く仕入れることができれば、
ほかの出品者は利益がでなくなるので
そうすれば自分だけそのページで販売することができます。

また、日本に代理店がいない商品であれば
総代理契約や、独占販売契約の交渉をしてみるのもよいですよね。

2つ目として、
上のやり方の応用ですが、

ほかの商品と絡めて仕入れをする

というものもあります。

その商品だけでは
ある程度までしか値下げできないし
量もたくさん買えないとします。

その場合、仕入れ先の
そのメーカーやショップが扱っている
ほかの商品もいっしょに購入する
ということですね。

色違い、サイズ違い、関連商品など
ほかの商品も仕入れることで
量も増えてさらに値引きしてもらえる
可能性も出てきます。

ほかの商品はAmazonに商品ページが
なければ、新規商品登録をして
販売していきます。

この場合、自分だけが
販売することになるので
売れるようであれば、一般的に
利益額も、利益率もよくなります。

そうすれば、
最初に扱っていた商品の
利益率が下がっても
トータルでは利益出せることもできます。

新規商品の方が
売れてきたら、最初に扱っていた
商品は仕入れをやめて、
新規の方だけ仕入れを増やしていく
という方法もあります。

最後に、3つ目として

セット販売をする

というものもあります。

さきほどの
値下がりしている商品が
オシャレなボールペンであれば、
オシャレなペンケースを一緒にした
ページを作り販売していくといった
方法ですね。

そうすれば、
ボールペンだけでは
利益率は低くなっていても
セットにすることで販売金額も上がり、
利益率も上げることも可能にになります。

これにより、
新たな商品を発掘できるかもしれません。

また、新たに発掘した商品の方で
独占販売契約ができるかもしれません。

このような工夫をして
ほかの出品者との違いを出していけば
利益を確保することもできます。

簡単にダメだー
と思うのではなくて、
自分なりに工夫してみるということも
大事ですよね。

というわけで、
売れている商品に相乗りされて、
値下がりしたときについてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
自分のアイデアが実現できると、個性にもつながります。

↓クリック、いつもありがとうございます!

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録