輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

転送するか直送にするかの判断基準。

      2016/10/15

 

こんばんは。

 

輸入に関する
ご質問がありましたので、

お答えしていきます。

 

ご質問は、

「転送会社を使うのか、
 日本に直送するのかを決めるのに
どのように
考えればよいですか?」

と言った内容です。

 

 

これは、
ですね。

 

結論からいきますと、
「送料が安い方」
を選びます。

 

当たり前の回答で
すみません。

 

相手の国がアメリカの場合、
まず、相手の取引先に
アメリカ国内の送料を尋ねます。

 

例えば、
フロリダまでの送料が
3,000円だったとします。

 

そして、この商品が例えば、
1つ500gだったとします。
10個買ったときに
5,000g
だったとしますよね。

 

MyUSの場合、
物量にもよりますが、
1gあたり1円として
計算したとします。

 

そうすると、
5,000gなので、
5,000円ですよね。

 

そうなると、
フロリダまでの送料が3,000円、
転送会社の転送料が5,000円で
合計8,000円となります。

 

そして、今度は
相手先に
日本に直送した場合の送料を
聞いてみますよね。

 

この日本への送料が、
7,000円だったとしたら、
直送の方が安いので、
直送を選びます。

 

もし、日本への送料が、
9,000円だったとしたら、
転送の方が安いので、
転送を選びます。

 

これだけの話なんですよね。

 

メーカーとの取引などで
特殊な事情がない場合は、
これぐらいのことしか
考えていないです。

 

あとは、やはり直送の方が、
転送会社を通さない分、
到着までの期間は短くなります。

 

これだけなんです。

 

逆に言うと、
同じお店から一度にたくさんの
商品を買われている方は、
いつも転送を使われている場合は、
直送の値段も尋ねてみるといいですね。

 

直送の方が安いかもしれませんからね。

 

考え方もシンプルイズベストということで。
参考になれば、幸いです^^

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
お盆休みですね。車が多いので外出は避けたいところです。

 
瞬間的に10位以内に入りました。うれしいです^^





 - 輸入ビジネス