輸入ビジネスの旅

輸入ビジネスの実践ブログ/日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

Amazonでの出品者数について。

      2016/10/15

 

こんばんは。

 

Amazon輸入について
ご質問をいただいたので、
お答えしていきます。

 

基本的なことなのですが、
意外に見落としがち
かもしれませんので、

お話させてください。

 

ご質問の内容は、
「出品者数が多い商品で、
 FBAの出品者が少ないときは、
 どう考えますか?」
との内容です。

 

これは、ですね。

 

FBA出品者数も見るのも大事ですが、
カートをとれるところの
価格帯に何人くらいいるか
とうことが大事なんですよね。

 

例えば、極端なお話をしますと、
出品者が20人くらいいまして、
同じような価格帯に
固まっていたとしますよね。

 

20人全員が5,000円くらいで
出品していたとします。

 

(まあこのようなケースは、
実際には、メーカー仕入で、
定価が決まっている商品くらいしか
なかなか見ないと思いますが、
例としてお話しています。)

 

この場合は、自分がその商品ページに
出品したとしたら、単純にお話すれば、
自分にカートが回ってくるのは、
1/20くらいの割合になりなりますよね。

 

これに対して、
出品者が同じように20人くらいいて、
例えば、3人が3,000円くらいで
出品していたとしますよね。

 

そして、残りの人が無在庫で
5,000円くらいで出品していたとします。

 

この場合、自分がこの商品ページに
3,000円で
出品したとしたら、
単純にお話すれば、

自分にカートが回ってくるのは、
1/4くらいの割合になりなりますよね。

 

こんな具合で
考えてみるとよいですよね。

 

もう一度お話しすると、
「出品者が20人いるから」
と単純に思うのではなくて、
中身をきちんと確認して考えることが
大事ですよね。

 

かっこいい言い方をすると、
「立体的に考える」
ということでしょうか。

 

 

すみません、
ちょっとかっこよく
言ってみたかっただけです。

 

 

はじめの頃は、
なかなか難しいかもしれませんが、
意識しながら、経験を積んでいくうちに、
なんとなく分かってくるはずです。

 

参考になれば、幸いです^^

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
ルービックキューブって、2面くらいしかクリアできません。

 

 

おかげで6位までいきました。いつもありがとうございます。





 - 輸入ビジネス