輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

輸入ビジネスでの月利10万円までの道のり。

   

 

こんばんは。

 

台風の影響は
いかがでしたでしょうか?

 

私の方にも、
ご心配いただいて

ありがとうございます^^

 

こちらの方は
大丈夫だったのですが、
これから台風が近づいてくる地域の方も
いらっしゃる方思いますので、
ご注意くださいね。

 

 

さてさて、
先日コンサルティングでちょっと
お話ししていたことがあって、
「たしかになー」
と思うことがありましたので、
ブログでもお話しさせてください。

 

その方がおっしゃっていたのが、
「オリジナリティ」
という言葉の意味についてでした。

 

たとえば、
何かのビジネスを
まだはじめたばかりだとします。

 

利益的には、
月利がようやく
出てきだしたというタイミングです。

 

それでなのですが、
この状態のときに、
今度はいろんな情報を収集しすぎて、
混乱してしまうというパターンがあります。

 

この理由なんですが、恐らく、
「利益が出る商品が見つからない」
「赤字になる商品がある」
「売れ残りが多くて価格競争になる」
ということが続いて不安になるからでしょう。

 

なので、もっとよいやり方があるのではないか?
と他の手法を知りたくなるんですよね。

 

自分がしていることが
信じられなくなって、
ほかに答えを求めてしまうんですよね。

 

だれかの
コンサルティングを受けていれば、
まだよいのですが、
自分一人でやっていれば
よけいに不安になりますよね。

 

また、コンサルティングを受けていても
そのやり方がほんとに
正しいのか疑問に
思ってしまうこともあるかもしれません。

 

こうなっていくと、
このやり方は正しくないのではないか?
もっと楽な方法があるのではないか?
と思って、自分勝手にやり方を
アレンジしてしまうパターンにはまっていきます。

 

この状態は、自分なりの
オリジナリティということとは、
ちょっと違うんですよね。

 

基礎ができて、
それを自分なりに吸収して
体で覚えたとします。

 

さらにその基礎を突き詰めていくうちに、
自分なりの特技や、アイデアが浮かんで、
基礎の上に、アレンジを加えていく。

 

これが、
オリジナリティですよね。

 

残念ながら
初心者のときのアイデアは、

やっぱり初心者の
考えなんですよね。

 

初心者の考えることは、
ほとんどの場合、
経験者が
考えつくされたことです。

 

なので、
やはりはじめのうちは、

大変なことも多いのですが、
それはみんな経験するんですよね。

 

アイデア一発勝負で、
楽な道を行こうとするのではなく、
月利10万円くらいの利益であれば、
地道に基本どおりに
数をこなしていくのが結局は近道です。

 

その数のこなし方も、
圧倒的な数のこなし方です。

 

他の人が100商品見るなら、
自分は1,000商品を見る。

 

他の人が1000商品見るなら、
自分は、10,000商品を見る。

 

そうしていくうちに、
「あーそういうことねー」
と分かる瞬間がきます。

 

時間も足りないこともあるでしょう。

 

寝かしつけた子供が
また起きてきて
集中できないこともあるでしょう。

 

会社の仕事や家事が忙しくて
毎日疲れていることもあるでしょう。

 

利益が出なくて
不安になることもあるでしょう。

 

自分にくやしくて
どうしようもないときもあるでしょう。

 

分かります、分かります。

 

それは他の人も経験することです。

 

それでもまだ不安なら、
私にメッセージして
もらっても大丈夫です。

 

今までに懇親会などで、
こういった悩みをお持ちの方と

お話しする機会がありました。

 

ちょっとした話がきっかけで、
その後「壁を突破できました」という
ご報告を今までに何人もいただきました。

 

なので、
とにかく続けることです。

 

道を変えずに行けば、
その先の景色を
見ることができます。

 

そこで道を変えなかったから、
見ることができた景色です。

 

意外と、
もうそこまで来ていますよ。

 

もうちょっとだけ、
そのまま登ってみては
いかがでしょうか。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
やってよかったと思える瞬間は、そうそう味わえないものです。

 

応援のクリックが、更新のはげみになります^^





 - 輸入ビジネス