輸入ビジネスの旅

輸入ビジネスの実践ブログ/日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

毎月の在庫量も大切ですね。

      2016/10/15

 

こんばんは。

 

輸入ビジネスは物販ビジネスですが、
物販ですので、基本的に、
在庫を管理することになります。

 

無在庫販売の場合は、
ちょっと違ってきますね。

 

有在庫販売は、
在庫を保管して
販売することになります。

 

それで、
毎月自分がどのくらいの
在庫を抱えているかを
チェックするようにしています。

 

利益が上がっていて、
利益率が上がっていても、在庫が多いと、
キャッシュフローが悪くなってしまいます。

 

ですので、在庫量の管理も
大切ですよね。

 

回収率といった
言葉を使われることもあります。

 

どれだけ、物が早く売れて、
資金が回収できたか、
ということですよね。

 

私はけっこうこの辺の数字は、
大事に思っています。

 

売れ残った商品は、
自分なりの基準を決めて、
一定の期間を超えたら、
値下げしても販売するようにしています。

 

例えば、仕入れてから
3カ月経っても売れないときは、

値下げしても販売するといった感じです。

 

赤字の場合は、
損切りということになります。

 

資金が多い場合は、
戦略的に回収率を遅くして、
利益率を高くしていく
方法もあります。

 

ですが、資金が多くないときは、
なるべく滞留在庫は減らして、
資金を回していった方が
良い場合もあります。

 

特に始めたばかりのころは、
仕入れるたびに、リサーチの精度も
上がってきますので、
物を回して経験を積んだ方が
よいですよね。

 

この辺は、なんか
書き出すと長くなりそうですね(笑)

 

その人その人で状況が違うので、
一概に何とも言えませんが、
とにかく現在の在庫量がどれくらいかは、
把握しておいた方が良いです。

 

ほんと
長くなりそうなので、
この辺でやめておきます^^

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
こういうのは、文章よりもお話した方が分かりやすいのかも。

 

 

応援のクリックをしてもらえると、ほんとうれしいです!





 - 輸入ビジネス