欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

たくさんの仕事を同時にお願いしているとき。(タスク管理)

こんばんは。

大きな台風も過ぎましたが、
大丈夫でしたでしょうか。

日本は、
台風もそうですが
地震も多くて
災害が多い国だと思います。

今回も周りのお店で
水や、カセットコンロ、カップ麺などが
売れ切れたところが多かったようです。

普段から、少し備蓄しておいたり
災害用の緊急バッグなどは
備え置いておいた方が良いと思いました。

ランタンや、懐中電灯などもあった方が
良いアイテムですね。

お互いに今後も用心しておきましょう。

さてさて、
今日は久しぶりに仕事の進め方の話です。

こういった仕事のやり方や
進め方って、興味ある人が多いようなんですよね。

もちろん、私のやり方が正解というわけではないので
参考になりそうなところだけ、参考にしてみてください。

今日は、
だれかにモノを頼んだときの
ことです。

輸入ビジネスにかぎらず、
いろんな仕事を同時にこなしていくことがあります。

私も細かいタスクであれば、
同時にいつも10個から20個くらい
動いています。

それで、
「あれ?この話ってだれかに頼んだっけ?」

とか
「誰に何を頼んでいたっけ?」

とか分からなくなることがあります。

一人に一つのことをお願いして、
それが一個だけなら大丈夫なのですが、
同時に何個のタスクを複数のパートナーさんと
行っているとこのようなことの管理が必要です。

なので、
私の場合は、
だれかにモノを頼んだときは、
そのときに必ずメモをするようにしています。

たとえば、

「プログラマーのAさんに、Excelファイルのマクロを依頼中」
「デザイナーBさんに、ホームページのデザイン更新を依頼中」
「デザイナーCさんに、商品1のAmazonのバナーを依頼中」
「デザイナーDさんに、商品2の楽天のLPを依頼中」
「通関業者E社に、商品3の中国からの船便について、見積もり依頼中」

といった感じです。

こういったことが、
何個もあると、メモしておかないと
忘れてしまうんですよね。

パートナーさんも現在は、
おかげさまで10名以上の方がいて、
コンサルティングの受講者の方とのやりとりもありますし
取引先や、メーカーとのやり取り、新規の交渉の会社との
やりとりもあります。

また、仕事関係者の人との話や、
プライベートの友人との話などもあります。
それを全部同じようにメモしておくと、
シンプルで分かりやすいんですよね。

仕事の大きさ、小ささは関係なくて
とにかく、お願いしたときや、進捗があったときは
メモするようにしています。

そして、そのタスクが終わったら
それを消し込んでタスク完了です。

かなりシンプルなやり方ですが、
一つのメモ帳で完結するので
分かりやすいです。

慣れてくると、
・パートナーさんへの依頼
・取引先への依頼
・その他
といったように分けてメモしておくと、頭の中が整理しやすいです。

スマホのアプリやパソコンのアプリなども
いろいろと使ってみましたが、
私はアナログ派なので紙に書くのがすきですね。

髪の場合、
全体のタスク量がパッと見れるのと、
文字を書くことで右脳を活性化させて、
仕事イメージ化してより良いアイデアにもっていきたい
というのもあります。

あとは、単純にシンプルな方が好きというのもあります。

これはお好きなようにやってよいと思います。

Todo管理のアプリなどもたくさんありますからね。

というわけで、
たくさんの仕事を同時にお願いしているときの管理方法
についてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
このブログを更新するのも、一つのタスクですね^^

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^