欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

Amazon欧米輸入ビジネスで、リサーチのジャンルの絞り方。

こんばんは。

もともと辛いのが苦手なのですが、
少しずつ辛いものを食べるという
修行をしております。

それでなのですが、
以前よりも辛いものが食べられる気がしてきました。

とくにラーメンの担々麺系は
1辛くらいはクリアできる
自信がでてきました。

まだ眠っている才能が、
開花しているのかもしれません。

といっても
激辛焼きそば系は、
しばらく遠慮しておきます。
(というかずっと遠慮しておきます。)

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが、
今日はリサーチのお話をさせてください。

リサーチネタ、
興味ある人が多いですよね^^

私の場合、基本的に
Amazonや楽天、Yahoo!ショッピング
を利用して販売する
欧米輸入のリサーチですね。

よくリサーチでお尋ねされることがあるのですが、
それは

「自分の好きなジャンルから見ていけばよいですか?
ジャンルを絞った方が良いですか?」

とのご質問です。

これは、気になるところですねー

私の考えでは、

「まずは、自分の好きなジャンルを見て、
その後はいろいろなジャンルに広げていってほしい」

という考えですね。

とくに初心者の頃は、
リサーチ自体に慣れていないので
自分の知らない商品ばかりを
見ていると、やっていることも慣れていないうえに
商品も分からないので、大変になってしまいます。

なので、最初のうちは
自分が好きな商品、知識がある商品から
見ていくという方法もあります。

おもちゃ、キッチン関係、工具、スポーツ用品、
楽器、アウトドア用品、車関係、自転車関係、バイク関係
などなんでもよいです。

まずは、そういった興味のあるジャンルから見ていきます。

その後は、いろいろなジャンルを見て
視野を広げていってほしいですね。

どうしても、ジャンルを特定すると
対象の範囲も少なくなってしまいます。

なので、そこから広げていきます。

そうすると、自分でも気づかなかった
興味のあるジャンル、相性の良いジャンルが見つかっていきます。

なぜか、楽器が利益の出る商品が見つかる。
なぜか、産業用機械で利益の出る商品が見つかる。
なぜか、文房具や雑貨で利益の出る商品が見つかる。

このような自分の特徴が分かってくると
さらに楽しくなります。

そこから、そのジャンルを扱ってるセラーを見たり、
GoogleやInstagram、YouTubeなどで
情報を収集をしてより深くリサーチしていきます。

海外のメーカーやネットショップからの仕入れも増やして、
新規登録も行っていきます。

このようにすれば、
だんだんと得意分野に広がっていきます。

コンサルティングでも
受講者の方の特徴に合わせて
このようなアプローチで
行っていくことが多いです。

網を大きく広げて、だんだんと絞っていく

といったイメージですね。

いかがでしたでしょうか?
まずは、やってみましょうということで^^

というわけで、
Amazon欧米輸入のリサーチのジャンルの絞り方
についてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
自分でも気づかない、意外な才能に目覚めるかも。

↓クリックいつも、ありがとうございます!

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^