欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

輸入ビジネスが気分がのらないときの3つの方法。

こんばんは。

読者の方からのコメントです。

「ラッコさんは、もしかして鬼教官に
好かれているんじゃないんですか。
それって、愛のムチかもしれませんよ。」

ちょっと、ちょっとー
そんなことないですってー

素人の私に
あれだけ
極端なしごきをされているのに
好かれているとかではないですってー

さらに、最近は
もっと体力をつけるように
毎日スクワットするように
もっと体をやわらかくするように
とどんどんハードルがあがってきています。

どこかで、
私がついていけなくなる気がしております。

鬼教官のハードルがここらへんで
ストップしてもらえるのを心より祈っています。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
いただいたお悩みにお答えしていきます。

「輸入ビジネスをしていて
すぐに気がのるときもあれば、
なかなか気がのらないときがあります。
どうすれば、いつも気がのるようにできますか?」

なるほどですねー

気分的なご質問ですね。

この場合は、
いろいろとパターンがありますが、

まず、1つ目としては

カンタンなことから手を付ける

ということですね。

たとえば、運動でも
なんとなくストレッチしていたら
どんどん調子に乗って
筋トレやランニングまでしてしまった
というようなパターンです。

やっているうちに調子が出てくるって
多いんですよね。

これは、脳の仕組み的にも
根拠があるそうです。
(私は専門家ではないので
詳しい理由は分かりませんが。)

たとえば、
輸入ビジネスでいえば

・売り上げをチェックだけしてみる
・自分が売っている商品を眺めてみる
・価格を調整する
・お客さまから質問がきていないかチェックする

といった簡単な
作業を一番最初にするとよいです。

これは、ルーティンワークにしておけば
もっとよいですね。

そうして、いろいろとみているうちに
ほかのことも気になって、
リサーチに力が入って、
いつの間にか、2時間やっていた
ということもよくあります。

次に、2つ目としては

好きなことからはじめる

というのもいいですね。

たとえば、
自分が好きな車のパーツからリサーチする
自分が好きな調理器具からリサーチする
といった感じです。

いつもリサーチのはじめを
好きなものからしていけば、
そこから派生させていけますよね。

そうすれば
輸入ビジネス=好きなものを見ることからはじまること
となります。

これだと
とりかかれそうですよね。

そうやっていくうちに
気分をのせていって、
他の作業もできることがあります。

3つ目としては、

思いきって、1日休む

というのもあります。

休みの日を作ると
心も体もリフレッシュします。

もしかしたら、
自分がのらないのは疲れているだけかもしれません。

美味しいものを食べて栄養をつける
思いきり眠って体を休める
運動して、汗を流す
好きな人と話して笑う

といろんな休みの過ごし方がありますよね。

気持がリフレッシュすれば
また気持ちも切り替わって
仕事にも取り組めますよね。

以上になります。

今日は3つお話ししましたが
あなたなりのやり方もあるはずですので
自分で、自分をのせていく方法も
考えてみてくださいね。

というわけで、
輸入ビジネスが気分がのらないときの3つの方法についてでした。
参考になれば、幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
美味しいにおいを嗅ぐだけで、自然とお腹もすいていきます。

↓参考になった!という方は、クリックがはげみになります。

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^