欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

欧米輸入ビジネスでうまくいきやすい人の考え方。

こんばんは。

いつものジムに行ってきたのですが、
鬼コーチはお休みでした。

生き延びました。

ジムには3人の先生がいるんですよね。
代表者が鬼コーチになります。

あとのお二人は、

常識的なコーチ

なのですが、
お二人ともプロの選手らしいです。

『曜日ごとに誰が担当』と
いったことは決まっていないようです。

なので、その日に
ジムに行ってみないと、
「鬼コーチ」なのか、「常識的なコーチ」なのかが
わかりません。
出たとこ勝負です。

毎回、毎回、
ヒヤヒヤものです。

もしかしたら、読者の方で

鬼コーチに当たってほしい

と思っている人がいるかもしれません。
(どSだと思います。)

そんな期待は、
どうかしないでください。
私は平和に暮らしたいのです。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
今日は久しぶりにビジネスを
進めるときの考え方についてお話しさせてください。

輸入ビジネスがうまくいきやすい人の考え方

よくいただくご質問で、
「リサーチのときに、
利益の出やすいジャンルを教えてください」
といったご質問があります。

他には、
「商品の販売価格はいくらぐらいが利益が出やすいですか?」
といったことや、
「出品者が何人以下の商品が利益が出やすいですか?」
といったご質問もあります。

とても勉強熱心なことなので、
ご質問されること自体は
とても良いのですが、
もうちょっと気をつけると
もっと良くなることがあるんですよね。

それは

答えを求めすぎない

ということですね。

例えば、先ほどのご質問で
私が
「このジャンルのこの商品が、利益が出ますよ」
と言ったとします。

そして、実際にリサーチして利益が出たとします。

利益が出るのはよいのですが、
これを繰り返していると
本人の成長という面では
難しくなります。

常に答えを求めて、それだけをしていく

というやり方は
一見、効率的に見えますが、
長期的にみたときに
本人のためにならないことが多いんですよね。

そうではなくて、
ご自分なりに
考えて、そのアイデアや仮説を実践してみて、
その結果を検証していくことで力になっていきます。

先ほどの例で言えば、
「私が過去に扱った商品を調べてみたら、
こんなジャンルの商品が多かったです。
なので、このジャンルの関連で、
ここの種類を深掘りリサーチしていこうと思いますが、どう思いますか?」

といったご質問だと、
いい感じですよね。

実際にやって、
うまくいけば一つ成功体験になります。
うまくいかなければ、
一つ実験結果が分かったことになります。

こうしていけば、次につながりますよね。

こういった積み重ねをしていけば、
2倍、3倍のスピードで成長していけます。

なので、あなたも何かやってみたいことがあれば、
ご自分なりのアイデアや考えを
決めてやってみることもおススメします。

そして、実際にやってみて
うまくいくかを調べていきます。

そうすると、
自分自身が成長しているのも
分かってきます。

そうなると、成長している自分が
楽しくなってきます。

ビジネスの正解は、
世の中の変化とともに常に変わっていきます。

本当の正解は
お客さまが知っているのでしょう。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
常識かどうか?を疑ってみると、視界も広がってきます。

鬼コーチ、登場待ちの方はクリックをどうぞ↓

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^