欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

欧米輸入で仕入れができなくなった時の対応。

こんばんは。

食事の話なのですが、
最近は栄養のことも
考えるようになりました。

それで、
カンタンに食べれて
しかも消化によいメニューを
考えていたんですよね。

それで、
これはいいと思ったメニューがありました。

それは、おでん
ですね。

一度作るか、買ってくれば
お皿に入れるだけで、すぐに食べることができます。
卵や大根などから栄養も摂ることができます。

でもひとつ弱点があります。
それは急いでるときに食べると
めちゃくちゃ熱いということです。

急いで食べて舌を
やけどしないように注意しましょう。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
今日は卸仕入れでの
ちょっとしたテクニックについてお話しします。

欧米輸入仕入れでの小技

欧米輸入で、
交渉して
海外のメーカーから仕入れたり、
ネットショップから仕入れたりしたとします。

通常であれば、
その後もリピート仕入れで継続的に
利益が出ていきます。

それでしばらく
継続的に利益が出ていても
なんらかの理由で
仕入れができなくなることもあります。

例えば、
取引先がその商品を扱わなくなった

仕入れ値が値上がりして利益がでなくなった

売値が値下がりして利益がでなくなった

ロットを多く仕入れないといけなくなった

といった理由です。

それで、このようになった
仕入れ先も自分のリストに入れておいて、

過去に仕入れたショップリスト

を作っておきます。

そして、半年から1年くらい
時間をおいてまた、連絡してみます。

そうすると、状況が変わって
仕入れができることがあります。

このような状況で、
仕入れができれば逆にチャンスです。

他の出品者も、
その商品の扱いを
あきらめていることが多く
そうなると、自分だけが販売できることもあります。

あとは、応用編ですが、
先ほどのように仕入れができなくなったときは、
その仕入れ先に

状況が変わったら教えてください

と伝えておけば、
相手の方から連絡してくれることがあります。

といった、シンプルな方法ですが、
周りがあきらめているときに、
自分だけあきらめないと、
思わぬチャンスがありますので、
よかったら試してみてくださいね。

このやり方は
私も実際によく使っています。

というわけで、
仕入れられなくなった
商品の対応についてでした。
参考になれば、幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
時間が経てば解決する、ということもあります。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^