欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

Amazon、楽天の商品ページ (コンテンツの順番編)

 

こんばんは。

これはどうしようもないことなのですが、
コンサルティングで個別ミーティングを
1日8名以上と行うと
次の日に喉がやられています。

小さな声で話そうとしていても
お話しているとついついいつもどおりの
大きさになっていて最終的は
次の日に影響しております。

これが、
風邪かどうかを見極めるのがむずかしいんですよね。

風邪をひくときには
いつも喉から風邪をひくことが多いのですが
喉が痛くなるときに葛根湯を飲んでいたら
毎回葛根湯を飲まないといけなくなります。

ちなみに、昨日は葛根湯を飲みました。
もはや職業病です。

さてさて、輸入ビジネスの方ですが
今日は商品ページについてお話させてください。

Amazonや楽天で商品ページを作るコツ

海外から仕入れた商品を
日本のAmazonや楽天で
商品ページを作るとします。

そのときのポイントですが、

●お客さまが見たいと思うときに

●お客さまが見たいと思うコンテンツを出していく

ということです。

これは、同じコンテンツを出していくにしても
順番があるということですね。

たとえば、
あるスポーツバッグを販売しているとします。
お客さまは、スポーツ用のちょうど大きさで
オシャレなデザインのもの探しているとします。

そういうターゲットを設定したのであれば
●スポーツ用のちょうどよい大きさ
●おしゃれなデザイン
がメインの特徴になります。

スポーツをするときに出かけるのが楽しくなる
スポーツバッグといったベネフィットになるかもしれません。

こういったお客さまが
ページにきたときは、
ほんとうにちょうどよい大きさか
誰がデザインしたものなのかといったことが
気になりますよね。

どれくらいの容量が入って
持ち運びがしやすいかなどが気になるはずです。

ここで、もしあなたが
このバッグの素材がとても頑丈な素材を使っていて
頑丈
ということを全面に最初に押した商品ページを
作ったとしたらどうでしょうか。

お客さまの気持ちと
コンテンツの順番があっていないですよね。

まずは、ちょうどよい大きさということを
お客さまに説明した上で、お客さまが
「これって、丈夫さは大丈夫かな?」
と思ったタイミングで
素材の頑丈さを伝えるコンテンツが来ると良いですよね。

美術館でたとえば、絵を見ていたら
その絵についての解説が、絵の下に
出ていたら見たくなりますよね。

このように、

●お客さまが見たいと思うときに

●お客さまが見たいと思うコンテンツを出していく

というのは大事ですので、
参考にしてもらえると幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
食べたいときにちょうど出てくる料理は、気持ちが良いです。

 

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^