欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

正規輸入品と並行輸入品の違い。

こんばんは。

よく「有名人の誰々に似ているよね」
という話があるじゃないですか。

私はああいった話で、
だれかの有名人に似ていると言われたことがないんですよね。

なので、言われる人がうらやましいです。

これまでの人生で、
「ラッコさんは、笑った顔が
ネコがあくびした顔に似ていますね」
ということを3回くらい言われたことがあります。

それって、目が細いだけじゃないですか。

せ、せめて人間にしてほしいです。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
今日は正規品と並行輸入品についてお話させてください。

正規輸入品と並行輸入品の違い

今日は基本的な話です。
基本は大事ですからね。

かなりカンタンにお話すると

正規輸入品→正規ルートで仕入れた商品

並行輸入品→上記以外の商品

です。

なので、
正規品は自分が海外メーカーの正規代理店となって仕入れた商品、
または、正規代理店から仕入れた商品になります。

一方で、海外のネットショップや海外Amazonなどから購入した
商品は並行輸入品となります。
なので、海外メーカーから直接仕入れたとしても、
自分が正規代理店として認められていなければ
それは並行輸入品となります。

Amazon.jpや楽天で販売するときの
正規品、並行輸入品の区分も上のように考えるとわかりやすいです。

これは、基本的なお話なので
輸入ビジネスをしていくなら必要な知識になりますので
参考にしてもらえれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
まずは言葉から。基本を知っていると勘違いもなくなります。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^