欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

交渉で毎回担当者が変わるときは?

こんばんは。

現在、台風が直撃しており
このブログが最後まで果たしてかけるのか
不安な状態です。

20%くらいの確率で、
途中で停電になるんじゃないかと思っています。

伝わりますかね、
この緊張感。

昨日は
(というより今日は、ですかね)
ワールドカップの
日本代表の試合がありましたね。

私は予定通り少し早めに寝て
夜中に起きようと思ったのですが、
寝坊してしまいました。

すでに28時(4時)くらいに
なっていました。

試合を見ると
日本がなんと
2-0で勝っているではないですか。

すごいですね、日本。

その後、私が
試合を応援し始めた途端、
なんとベルギーの選手がゴールを決めました。

その後、

ベルギーの選手がゴールを決めました。

そして、

ベルギーの選手がゴールを決めました。

これって、
私が途中から応援して
しまったからですかね。

ほんと申し訳ないです。

ですが、本当に日本選手の活躍は
すばらしかったですね。

強豪相手にすごい健闘だったと思います。

すばらしい試合、ありがとうございます!

さてさて、
停電しそうなので
一気にお話を進めていきます。

たまに作業机とパソコンが
振動で揺れています。

伝わりますかね、
この緊迫感。

いただいたご質問にお答えしていきます。

「海外の会社と交渉しています。
毎回担当者が変わるので、話が進みません。
このような場合、どうすればよいですか?」

なるほどですねーー
これはたまにあるパターンですよね。

このような場合、
毎回担当者が変わると
話が進まないことが多いですよね。

前の担当者が卸がOKといったのに、
次の担当者は卸はできないといった
返事なることがあります。

特にカスタマーサポートの場合は、
同じようなメールがいったりきたり
することもあります。

このような場合の
ポイントとして、
もう一つ上の役職や担当者の人と話をする
と言う方法があります。

たとえば、
営業責任者の方と話がしたいので、
その方に伝えてください
といったやり方ですね。

これは、メールでもよいですが
できれば電話の方が効果的です。

電話をして、
営業担当者や責任者の方に
変わってもらうんですね。

(ほんと、揺れがひどいです。)

そして、その方に
概要だけ説明して
後はメールするので
メールアドレスとお名前を教えてもらうんですよね。

そうすれば、
次からはその責任者の方と
直接交渉ができますので、
話が進みやすくなります。

実際にこのパターンでうまく行った
ケースもけっこうあります。

だいぶ昔のブログにも
書いたことがあると思いますが、

「上司、引っ張り出し作戦」

ですね。

一時期、交渉で考えた色んな作戦を
お話ししていたことがあるのですが、
これも、だいぶ懐かしい響きです。

というわけで、担当者を見つけて
その方と交渉を進めるということですね。

うまくいけば、
値段もけっこう安くなりますので
参考にしてみてくださいね^^

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
がんばって書き終わりました。私も健闘しました。

↓よくがんばったねのクリック、お願いします^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^