欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

Amazonの停止した広告をスッキリさせる方法。

こんばんは。

バスに乗っていて
ふと、
外の景色を見ていたんですよね。

左側の通路側の座っていたので、
右側の前方の方の景色を見ていました。

そうしたら、
違和感のある光景が目に飛び込んできました。

図にすると、
このような感じです。

 

前の席    【違和感】
自分      右の席
後ろの席   右後ろ

 

どこかわからないのですが
なにか違和感があるんですよね。

そうしたら、【違和感】の方を
よくよく目を凝らしてみてみたら
【違和感】席に
座っている男性の頭の上に

なんと

 

黄色い葉っぱ
(枯れている)

 

がのっていたんですよね。

これが、違和感の正体です。

そして、今度はその男性をよく見てみたら
洋服もオシャレで、
髪型もオシャレパーマのような
カッコいい髪型なんですよね。

ただし、一点だけオシャレではないポイントを
上げるとすると、
頭の上の黄色い葉っぱ(枯れている)
なんですよね。

となりに座っている友人らしき人も
当然気づいていないようです。

このままだと、オシャレパーマさんは
そのまま「葉っぱ&オシャレパーマ」
で過ごすことになるじゃないですか。

なので、誰かが教えてあげないと
いけないじゃないですか。

ここで、考えたんですよね。

・・・

なんか長くなってきたので、
このままだとなんのブログがわからなくなりそうなので
また続きは明日以降にさせてください。

さてさて、
今日はちょっとAmazon広告の
ことで小ネタをお話しさせてください。

Amazonでスポンサープロダクトの
広告をかけたとしますよね。

そして、キャンペーンや広告を
出して運用したとします。

それで、うまくいなかったキャンペーンや
もう扱わなくなった商品の広告もありますよね。

そうすると、どんどん
画面上に使わないキャンペーン(広告非掲載)が
たまっていって分かりにくいですよね。

それで、使わなくなったキャンペーンを
削除しようとしても削除できない仕組みになっています。

これは、Amazonの仕組みで
Amazon側として、請求の関係で
以前広告を出していたデータも残しておく必要があるので、
非掲載のキャンペーンも削除できないようになっているそうです。

それでなんですが、
これをスッキリする方法があります。

やり方は簡単です。

⇒広告キャンペーンマネージャー
⇒該当の商品を「有効/停止」のところで、停止にする。
⇒ページ上部の「フィルター追加」をクリック
⇒ステータス
⇒掲載可
⇒保存

こうすることで、
非掲載にしたキャンペーンを非表示にできるので
見た目がスッキリします。

ちょっとした小ネタですが、
自分が知らなかったので
共有させてもらいました。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
見た目がスッキリすると、集中力もアップします。

↓葉っぱの続きが気になる方は、クリックをお願いします^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録