欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

自分が商品を仕入れた後に 急に正規代理店が出てきたとき。

こんばんは。

口内炎が舌にもできました。

ダブルパンチです。

すっぱいもの、特に冷やし中華は厳禁ですね。
お酢を使った料理はいっさいやめておきます。
あとは、辛いものもしばらくやめておきます。
(辛いものはもともと苦手なんですけどね。)

さてさて、
いただいたご質問にお答えしていきます。

「欧米の商品を交渉して仕入れることになりました。
ですが、商品を仕入れたあとに、相手のメーカーから
急に正規代理店が日本にできたとの
連絡がありました。この場合どうすればよいでしょうか?」

おーーー、
これはほんと急な話ですよねー

でもたまにあるケースですね。

自分が商品を仕入れようとしていたときは
正規代理店がなかったけれども
仕入れた後に、日本の正規代理店が
できてしまったということですね。

この場合は、
Amazonの販売であれば
普通に考えると並行輸入品のページに出せば
問題はないです。

正規代理店があるからといって、
並行輸入品の出品を禁止できるものではないので
そこは正規品と違うページで、並行輸入品のページであれば
そちらに出品すればよいです。

他の方法として、

自分も正規代理店になれないか交渉してみる

というのもあります。

相手の代理店が、
日本の総代理店ではなくて、
単に正規代理店であれば、
独占販売権もないはずなので
自分も代理店に慣れる可能性があります。

この場合、
メーカーに頼んで、自分も正規代理店にできないか
そういった契約書にサインをもらえないかということを
頼んでみるとよいです。

独占販売権の代理店がない状態であれば、
ほかの会社にも代理店の権利を与えたメーカーなので
自分も代理店に慣れる可能性は十分にあります。

総代理店と、単なる正規代理店は
違うということですね。

というわけで、自分が商品を仕入れた後に
急に正規代理店が出てきたときについてでした。

マニアックなケースですが、
たまにあるケースですので、参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
何事もタイミングです。そんなタイミングもたまにはあります。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録