欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

商品タイトルをつけるときの抑えておきたいポイント。

こんばんは。

最近周りの人が
海外に旅行しているので
私も行きたくなってしまいました。
(影響されやすい性格です。)

昨年もヨーロッパの取引先のところに
行ってきましたが、今年も行ってこようと思います。

観光旅行ではないです。
あくまでビジネスですよ、ビジネス。

まー、たぶん観光もするとは思いますが。。

さてさて、
商品ページのタイトルと作るときの
ポイントについてお話しさせてください。

商品タイトルは
お客さまが一番先に目に入るところなので
とても大事です。

リサーチをしていると
簡単にタイトルをつけてしまっている
ページがありますが、
ちょっともったいなく感じます。

欧米の商品だと
とくに無在庫販売の場合
英文のタイトルだけになっている商品も多いです。

プラットフォーム販売の場合、
キーワードで検索された結果も
タイトルが表示されるので、
タイトルや画像次第で
クリックされるかどうかが変わってきます。

クリックされると、
自分商品ページにお客さまがくることになるので
集客にもかかわってきます。

それでなんですが、
まずはさきほどもお話ししましたが、
自分が狙ったキーワードは
必ず入れる必要があります。

狙ったキーワードも多すぎてもいけませんので
自分がこのキーワードでプラットフォーム内の
SEOを上げたいと思うキーワードを選ぶことが大事です。

たとえば、犬用のリードであれば
「犬 リード」
「ドッグ リード」
といったキーワードが検索されそうですよね。

このように、その商品をお客さまが
どのようにして検索されるかも
イメージすることが大事です。

(購入に近いキーワードと、
そうでないキーワードがありますが
それをお話ししだすと長くなりますので
また今度お話します。)

そして、次に見やすさです。
Amazonの場合は、
タイトルは50文字ぐらいが良いと言われていて
あまり長くなりすぎると、見た目もよくなくて、
ゴチャゴチャしたイメージになります。

(各プラットフォームの規約に沿って
タイトルをつけるのも大事です。
Amazonの規約を知らない方は
一度チェックしてみてくださいね。)

なんでもかんでも、キーワードをちりばめると
長々としたタイトルになってしまいますので
注意が必要です。

なので、必要な言葉でシンプルに
お客さまに伝えることも大事です。

最後に、魅力的なタイトルについてです。

さきほどの犬用のリードであれば
その商品の特徴を魅力的なキャッチコピーで
いれていくとよいです。

たとえば、
「超軽量」「防水」
といったその商品の特徴的なものがあれば
それを入れながら魅力的なタイトルに仕上げていきます。

タイトルはほんと大事なので
簡単にタイトルをつけるのではなくて、
「作っては直して、作っては直して」
と繰り返して、こだわりをもってタイトルをつけるくらいの気持ちがよいですね。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
「いきなりステーキ」って、聞くだけでおいしそうに感じます。

↓ランキングなんとかキープ中です。ありがとうございます。

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録