欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

海外交渉用の自社ネットショップについて。

こんばんは。

出張の疲れが
まだ残っております。

よくひとり旅で、
いろんな国をバックパックで回る方がいるじゃないですか。

中には宿も決めていなくて
その場で予約していく人もいます。

自分には
そういったことはできないので、
ほんとすごいと思います。

旅好きの人はそういった
スリルも楽しみの一つなのかも知れませんね。

さてさて、
いただいたご質問にお答えしていきます。

「輸入ビジネスで、海外の会社に交渉しています。
この場合、自社のネットショップがあるとうまくいきやすいですか?」

はい、これは
よいご質問ですねー

たしかに
ネットショップがあると
うまくいきやすいですね。

海外でも日本の会社でも
取引したいとこちらが頼んだときに
こちらがどのような業種なのかを
確認したいことが多いんですよね。

なので、こちらが例えば
ペット専門のネットショップがあれば、
ペット用品を扱っているメーカーやショップとの
交渉がうまくいきやすいです。

日本語が分からなくても
ペット用品が並んでいれば
なんとなく雰囲気で分かりますからね。

ネットショップは、
yahoo!ショッピングやBASE
自分が在庫を持っているのを
集めて専門店を作るのもよいです。

交渉用で作るのであれば、
あくまでも相手に見せるためのものなので、
あまり細かいところまで
時間をかけすぎないようにした方がよいですね。

というわけで、
交渉用のネットショップについてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
名刺やホームページだけでも、印象が変わってくるものです。

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録