欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

代理店系の商品リサーチの感覚的なポイント。

こんばんは。

10月になって
すっかり涼しくなりましたね。

空気も冷たくなってきて
済んでいるような気がします。

秋に見える月は
風情があってよいですね。
光の強さは変わらないと思いますが、
なんとなくいつもよりきれいな気がします。

月を見ると
時間の流れがゆっくりに感じます。

いつも忙しくされていると思うので
たまにはゆっくり月を
眺めてみるのもよいかもですよ。

さてさて、輸入ビジネスの
代理店系の商品リサーチについての
ご質問です。

「海外で人気の商品を探しているのですが、
対象が大きすぎてどこから
調べてよいか分かりません。
どこから考えていけばよいでしょうか?」

とのご質問です。

これは、たしかにそうですよね。

海外で人気の商品、売れている商品って山のように
ありますから、そこからどう絞っていけばよいか
難しいですよね。

細かいチェックポイントはいくつもありますが、
今日は分かりやすく、入り口のお話しを
しますね。

クラウドファンディングなどはちょっと別として、
Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングでの
一般販売をメインに考えていく場合で
お話しさせてください。

まずは、その商品をお客様が探すときに
検索キーワードがあるかどうかということですね。

今までになかった目新しい商品、
画期的な機能が付いた商品は
そのこと自体をお客さんが知らないわけですよね。

なので、こちらからそれをアピールしていかなければ
なかなか売れてくれません。

なので、そういった画期的な機能が
キーワードだとしたら、
そのキーワード自体をお客さんを知らないわけですよね。

たとえば、
「空中に浮く時計」
というものが開発されたとして、
その商品を知らない人は、その「空中に浮く時計」
というキーワードで検索しないですよね。

なので、このようにその商品を
検索されるキーワードが何かを考えます。

そして、そのジャンルが市場の大きさを考えます。

たとえば、マイナーな趣味に使われる道具だとしたら、
市場自体が小さいですよね。

そうすると、上限が決まってしまいますので
市場自体を宣伝していく必要があるので
たくさん売るのは簡単ではありません。

というわけで、
キーワードや市場の大きさというのは
大切になります。

それでなんですが、
こうやって理詰めでやっていくのもよいのですが、
それで決めてしまうと自分の興味がないものに
なってしまう可能性がありますよね。

独占販売権をとって
日本の総代理店として販売していくなら
自分が興味があるものや、
見ていて楽しいものの方がよいです。

その方が、商品のことも勉強しやすいですし、
お客さま目線で販売することができます。

なので、、こうやってマーケティング目線で
考えるのも大事ですが、
さらに

その商品を自分が買いたいか

というものプラスするともっとよいですよね。

自分が扱っていて
楽しい商品であれば、
人にも勧められます。

そうすることで、またいろんな意見が聞けて
販売につなぐこともできます。

というわけで、商品リサーチの感覚的なポイントとして
自分が好きかどうか、やっていて楽しいかどうか
というもの意識してみてみるとよいですよ。

仕事が楽しい
というと変に思われますが、
だんだんと
そういう気持ちになってきますからね^^

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
夏の元気さが好きな人もいれば、秋の落ち着きが好きな人もいます。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録