欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

パートナーさんを採用するときにチェックしていること。

こんばんは。

新型コロナウイルスの関係で
中国からの荷物が遅れている方が
多いようです。

欧米輸入の場合も、
欧米のメーカーから仕入れているからと言って
関係ない話ではないんですよね。

欧米メーカーも
工場が中国というパターンも多いので
それだと同じように
影響があります。

何がどう影響するかは
なかなか分からないことが多いですが、
今で自分たちのできることを
やっていくしかないですね。

さてさて、
いただいたご質問にお答えしていきます。

「パートナーさんを採用する予定です。
Skypeで面談するのですが、
このときにどのようなことを聞けばよいでしょうか?」

とのご質問です。

なるほど、具体的なご質問ですね。

私もパートナーさんに仕事をお願いする前に
一度Skypeでお話しすることがほとんどです。

それで、そのときにどのような
ことを話して、どのようなことを見ているかですね。

まずは、普通に雑談して
そのときに話しやすいかを見ます。

ここで、ちょっと雰囲気が暗い方や
マイナス思考の方で、
話していて違和感があれば
ムリして仕事をお願いしないようにします。

お願いする場合でも、
継続してお願いすることは少ないです。

次に、
その方のざっくりしとした
経歴を聞きます。

そうすることで、
自分がお願いしようとしていた仕事以外にも
お願いできることがあるかもしれないし、
また、お願いしようとしていたことも
もっとお互いに効率的にできることがあるかもしれません。

なので、その方の
良いところや今までの経験を有効に活用してもらいたいので
そのようなことは聞いています。

あとは、その方から
逆にこちらに対しての提案があれば
それも聞くようにしています。

たとえば、プログラマーさんにツールをお願いするとします。

この場合、ツール作成については
プログラマーさんの方が専門ですよね。

専門家の意見に耳を傾けて
自分のやり方より
もっと良い方法があれば積極的に
意見を取り入れるようにしています。

最後は、やっぱりフィーリングですね。

私は、かなりのフィーリング重視派なので
話していてなんとなく雰囲気が合わない場合は、
お断りすることも多いです。

その方がどんなに過去に素晴らしい経歴があったとしても、
自分とフィーリングが合わなければ
仕事をしていてもお互いにストレスがかかりますからね。

といった感じでしょうか。

また、何か思い出したら
ブログで補足でお話ししますね。

というわけで、
パートナーさんを採用するときにチェックしていること
についてでした。
パートナーさんを仕事を外注化してみたい
という方の参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
言葉にできない、「なんとなく」の感覚は大事にしています。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^