欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

最初は、利益率? テスト仕入れ?

こんばんは。

全国健康保険協会から
「全国健康保険協会管掌健康保険生活習慣病予防検診対象者一覧 令和2年度」
の書類が届きました。

この
「全国健康保険協会管掌健康保険生活習慣病予防検診対象者一覧 令和2年度」
は、1年に一回送られてきます。

なので、この
「全国健康保険協会管掌健康保険生活習慣病予防検診対象者一覧 令和2年度」
したがって、病院の予約をしました。

病院に電話するときに、
この表の名前を最初から最後まで一気に
読み上げたのですが、
途中で2回、かんでしまいました。

カンタンにいうと、

健診を予約

しました。

健康管理にはお互いに気をつけましょう。

さてさて、
いただいたご質問に
お答えしていきます。

「なるべく利益30%以上を目標に仕入れています。
まとめて、2、3個仕入れた方が送料が安くなるのですが、
初めての仕入れのときは、
1個だけ仕入れにした方がよろしかったでしょうか?」

とのご質問です。

これは、単純転売の小売仕入れについての
ご質問ですね。

そうですね。

おっしゃるとおり、最初は1個から仕入れた方が良いですね。

いわゆるテスト仕入れというやつですね。

たしかに、利益率や利益も大事ですが、
最初の1回はまずはテストしてみるということが大事です。

これは、輸入ビジネスをしていくなら
最初のうちからクセをつけておくとよいですね。

交渉でネットショップやメーカーから仕入れるときも、
独占販売契約で初回の注文を行うときも同様です。

まずは、テスト仕入れをして
製品の状態をみたり、梱包の状態をみたり、
相手先の対応をみたり、
発送される期間などをみます。

そして、その後
実際に売ってみて、
売れ行きを確認します。

そして、本仕入れに入っていきます。

これは、最初の頃だけではなくて
ずっとこのようなやり方なので
意識してやっておくとよいですね。

焦って、
「最初から5個仕入れてみたものの
全然思ったものではなかった」
というケースもあります。

特に仕入れに慣れないうちは
こういったケースが多くなります。

経験が多くなってくると
同じメーカーの物や
同じタイプのもの
バリエーション違いなどは
最初から複数仕入れることもあります。

でも、これは今までの経験があるから
できることで
最初のうちは一つ一つ丁寧にテスト仕入れしながら
経験を積んでいくことをおススメします。

テスト仕入れが増えてくれば
次回からのリピート仕入れも増えてきますからね。

そうすれば、最初は20%の利益率だったものが
まとめて仕入れることで
30%になることもありますからね。

というわけで、
最初は、利益率狙っていくか、テスト仕入れを行うか
についてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
料理も味見をすることで、大きな失敗も減らすことができます。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

 

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^