欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

輸入ビジネスの交渉で利益のでる商品ジャンル(自己分析編)

こんばんは。

殉職の予言をされた
ラッコです。

お盆休みですが、
いかがおすごしでしょうか?

私も今日はSkypeコンサルもなくて、
実家で少し
ゆっくりしています。

たまには、休みも取って
体を休めるのもよいですね。

さてさて、
いただいたご質問にお答えしていきます。

「輸入ビジネスの交渉をはじめました。
交渉に向いている商品、
そうでない商品はありますか?」

とのご質問です。

これはですねー
気になるところですよねー

ですが、
交渉に向いている商品と言われると

個人的な意見としては
「けっこうなんでもいけますよ」
という答えになるんですよね。

私自身もそうですが、
これまで100名以上の方を
コンサルティングしてきましたが、
いろいろなジャンル、いろいろな商品を
扱ってきました。

今までで交渉でメーカーや問屋から
仕入れたものは、仕入れているのを
知っているものであれば、

おもちゃ系、メディア系、
ペット系、キッチン系、食器系、
インテリア雑貨、キッズ系、
スポーツ系、アウドドア系。

家電関係、ガジェット系、
車バイク系、自転車系、
バラエティー雑貨、エコ関係、
アパレル系。工具、産業用機械系。

ほんとなんでもあります。

なので、先日お話しした
法律面をクリアしていけば、
ジャンルにこだわる必要はないですね。

そして、いろんなジャンル、
いろんな商品を扱っているうちに
自分が好きなジャンル、
得意な商品がなんとなく分かってきます。

こちらの方が重要です。

もう一度お話しします。

こちらの自己分析の方が、
重要です。

過去の自分のリサーチ、
アプローチの方法、交渉した方法
うまくいったクロージングの方法。

リサーチがうまくいくジャンル、
交渉がうまくいく商品、
利益がとれる商品の傾向などを
自分で分析していきます。

そして、そこを伸ばしていきます。

コンサルティングでは
私がここが一番得意なことで、

その方の良いところや
うまくいったことを伸ばすことを
かなり重要視しています。

それが利益が伸びやすくて
結果的にその方が楽しくビジネスを
続けていけると経験上分かっているからなんですよね。

なので、あなたも
ご自身でもご自分のことを
客観的に分析してみるのもおすすめです。

客観的に自分を見て、
自分の得意なこと、好きなことを
分析してみるということですね。

ちなみに、
私が先ほどお話しした

コンサルティングで
その方の長所を見つけて、
底を伸ばしていく

というのも、自分なりに
コンサルティングをしてきて
得意なことと気づいてきて、
その能力を伸ばしていくようにしています。

逆に、苦手なことは
インターネット上に散らばっている情報を
収集して、教科書のようにまとめる
といったことは苦手なんです。

なので、このブログでは、
そういったネットに散らばっている情報ではなくて
自分が実践してきた内容をそのままお伝えしていく
というのをメインにしています。

その方が、自分に合っているし
自分のスタイルとして楽なんですよね。

こういう感じで
あなたにも長所、短所がありますので
それを客観的に分析してみると
面白いですよ。

なんか交渉の商材の話から
深い話になってしまいましたが、
コンサルティングの中でもお話しするような内容なので
よかったら参考にしてもらえれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
子どもの頃の好きな教科は?好きだった遊びはなんですか?

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

 

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^