欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

海外在住のパートナーさんへの報酬の支払いについて。

こんばんは。

久しぶりに
肉肉うどんに行ってきました。

ちょっとミスしてしまったのですが、
ショウガを少なめにしてしまいました。

やっぱり肉肉うどんは
パンチのショウガがポイントですね。

ショウガが足りないの
なんとも物足りないうどんになってしまいます。

・・・

うどんのショウガの量でこんなに語ってしまって
すみません。

さてさて、
いただいたご質問にお答えしていきます。

「海外メーカー交渉用に海外在住のパートナーさんを
雇おうと思います。この場合、支払いはどのようにすればよいでしょうか?」

とのご質問です。

なるほどですねー

これは、直接パートナーさんに
報酬をお支払いする場合ですね。

たしかに、海外にお住いのパートナーさんの
場合、毎回銀行振り込みをすると手数料も
高くなりますからね。

私の場合、このような場合は、
「日本の口座にお振込してもよいですか?」
とお尋ねして、
それで問題ないということであれば
日本の口座にお振込することにしています。

海外在住といっても、
年に1回、2回は日本に帰国される方がほとんどです。

そのときに、報酬を受けとったりして、
日本円で使われることが多いようです。

これだと、海外送金手数料がかからなくて、助かります。

海外在住の方でも、
日本の銀行や、郵便局には口座を持たれている方が多いですね。

あとは、海外の銀行に振り込んでほしいということであれば、
楽天銀行や、郵便局などで海外送金ということになります。
他にも海外送金できる金融機関は、海外のものもあります。

私の場合は、このようにしています。

電話交渉の場合は、
現地にお住いの主婦の方などにお願いすると、
平日の日中から現地と時差がないので
どんどん電話をしてくれるので、
複数の会社にアプローチする場合はとても助かります。

というわけで、
海外在住のパートナーさんへの報酬の支払いについて
でした。

参考になれば、幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
Skypeしすぎで、喉がやられています。ショウガが効くかも。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^