欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

欧米輸入で良い商品を見つけたときに、いつ仕入れる?

こんばんは。

完全に
のどがやられました。

このままだと、
歌手でもない
普通の一般人なのに
まさかの

ポリープができるんじゃないか説
です。

のど飴でごまかしていますが、
これはあまりよくない感じですね。

コンサルティングを一日おきにして、
のどを休める日を作っていこうかと
真剣に考え始めました。

そうなると、いままでのように
人数はお受けできなくなっていくと
思うのですが、
悩みどころです。

のどについて、
何か良いアドバイスがあれば教えてください。

さてさて、
いただいたご質問にお答えしていきます。

「欧米輸入で、Amazonでリサーチしています。
商品を仕入れる前に、リストアップした商品があります。
値上がりするかもしれないし、値下がりするかもしれないので
1週間様子を見たら、値下がりしている商品が多かったです。
こういう場合は、見つけたときにすぐに仕入れたほうが良いですか?」

とのご質問です。

そうですねー

これはもう、すぐに仕入れて下さい。

ご質問者の方のいわれる意味は分かるんですよね。

たとえば、
Aというおもちゃがあって、
Amazon.comと、Amazon.jpで比較して、
利益率が25%あったとします。

これを1週間様子見て
値下がりしていなければ仕入れるし、
値下がりしていれば仕入れないということですよね。

また、逆に日本の価格が値上がりして
利益がもっとでるかもしれませんし、
アメリカの仕入れ価格が値下がりして
もっと安く仕入れられるかもしれません。

でも、それって
しっかり分析したり、
ある程度経験がないと
なかなか読みづらいところがあるんですよね。

もし、こういった分析や経験がないという状態であれば
カンタンにいえば、
価格差が縮まる可能性もあれば、
価格差が広がる可能性も同じくらいあるということです。

それで、あれば
1週間寝かせると、時間がもったいないですよね。

その場で仕入れることができれば、
それだけ経験を積むことができます。

もし、赤字で失敗したとしても
それも経験です。

なにもしないで眺めているだけよりも、
10個仕入れて、3個失敗した人の方が
それだけ経験が積み重なっています。

また、一度チェックした価格差を
一週間後にもう一度チェックするとなると
チェックするのも二回になるので
それも時間の無駄になりまってしまいます。

なので、価格差がある商品が見つかったら
すぐに仕入れて、転送をかけて、
納品して、販売していく
という癖をつけていけば、
経験も積み重なっていきます。

これは、転売系ではなくて
代理店系にも言えることです。

悩んでいる間に、
別のセラーに交渉されて
独占販売権を取られてしまった
というケースもよく聞きます。

それならば、テスト仕入れでも良いので
一度仕入れてみて判断したほうが
あとで後悔しないですよね。

というわけで、
良い商品を見つけたときに、いつ仕入れるか?
についてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
限定10食の特別メニューは、すぐに売り切れてしまいます。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^