欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

クラウドワークス(Crowd Works)で事前打合わせをする超便利な方法。

こんばんは。

私はどうも昔から
抜けているところがあって
モノをよく
失くしてしまうんですよね。

最近の失くすもので多いものが、
マウスの
「レシーバー」の方です。

無線のマウスについている
1センチくらいのUSB側に
差すほうの部品ですね。

あれは、紛失リスク高いです。

これをなくしてしまうと、
マウスが使えなくなってしまいます。

マウスは全然壊れていないのに
同じマウスを3回ほど買いなおした
苦い思い出があります。

でも、最近はロジクール(Logicool)のオプション機能で
複数のマウスや、キーボードを
『一括で同じレシーバーで管理する』
という必殺技を知って
この悩みが解決しました。

これ、すごい機能です。

1つのレシーバーなら
いつも使うノートパソコンに、
同じレシーバーを1つ差しっぱなしになるので、
失くすリスクが減りました。

ちょっとした工夫ですが、
こういったことが
大きな差を生むことがあります。

これ、地味にめちゃくちゃ便利です。
ロジクール(Logicool)おススメです。
よかったら参考にしてください。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
今日は最近知った
かなり便利な機能をシェアしますね。

私はパートナーさんを募集するときは、
「ランサーズ(Lancers)」か
「クラウドワークス(Crowd Works)」
を使っています。

お気に入りは、クラウドワークスの方です。
使いやすいのと、
仕事を依頼する前に
事前にワーカーさん(仕事を受ける側の人)との
打ち合わせが認められているからなんですよね。

私はフィーリング重視派なので
一度話してみて、フィーリングが合う方に
仕事をお願いするようにしているんですよね。

それでなんですが、
今まで電話やメールでクラウドワークスに
連絡して、仕事名と、ワーカーさんの内容を伝えて
「事前面談許可」をもらっていたんですよね。

ところが、先日クラウドワークスの方に電話したら
新機能がついて、システム内でクリックだけで
この「事前面談」の申請ができるようになったんですよね。

めちゃくちゃ便利だったのでシェアしますね。

クラウドワークスにログインして、

→「仕事管理」
→該当の仕事を選択
→「相談」または「応募」を選択
→打ち合わせしたいワーカーさんを選び
→「詳細へ」をクリック

→「サービス外連絡申請」をクリック
→「同意します」にチェックを入れる
→「サービス外連携申請をする」をクリック

申請が承認されると以下の画面が表示されます。

あとは、ワーカーさんと連絡して
事前打ち合わせを行うことができます。

ワーカーさんには、事務局から許可をもらっていることを
伝えれば、ワーカーさんとしても安心して打ち合わせができます。

どうですか?
めっちゃ便利ですよね。

事前打ち合わせを活用して、
フィーリングの合う方を選べるようになれば、
仕事もスムーズにいきますし、
フィーリングが合わない方を雇ってしまって、
お互いに嫌な思いをしなくて済みます。

効率的に、スムーズに
パートナーさん探しをできますので
外注化、仕組化をしていくときは
ぜひ活用してみてくださいね。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
話が合う人は、初対面でもはじめて会った気がしないものです。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^