欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

あなたの道はどちらですか?

こんばんは。

今日はちょっと
お疲れ気味なのもあって
思ったことを
自由にお話しさせてください。

(たまにこのモードになることがあります。
これを知っている方は常連さんです。
ありがとうございます。)

私は輸入ビジネスで独立してから
もう5年になるんですよね。

当時は普通にサラリーマンをしていました。

それで、7年前に副業で
輸入ビジネスを始めたんですよね。

それで、その当時はそれなりに
利益が出てきたと思ったので、
思い切って独立したんですよね。

(今となっては、大した利益ではなかったので
ほんと危なすぎました。)

それで、必死になって
なんとか生活できるようになったんですよね。

たまに、昔の友人や
昔の会社の方と会うことがあるのですが、
そのときによく言われることが

「自由そうでうらやましい」

ということなんですよね。

そのままの意味だと思うので、
それはありがたく受け止めています。

そういったときは、私は
「いえいえー、その日暮らしみたいなものなんで(笑)」
と冗談で返しますが、
半分は本気で思っています。

会社員のときは、
決められた時間に、決められた場所に行って
決められた仕事をして、家に帰っていました。

そして、決められた日に休んで、
決められた日にまた出勤です。

学校も同じような感じです。

もっと子供のころは、
保育園や、親の決めたことが
行動のルールですね。

もちろんその中では自分なりの選択肢はありますが、
ずっとだれかに決められたルールで
それに合わせて行動していたわけです。

独立して
次の日の朝のことを今でも覚えています。

「これから、どうなるだろうー」

と不安に思ったことも多かったのですが、
それよりも鮮明に覚えていることがあります。

それは、朝に空を見たときに
その空の青空がめちゃめちゃ
きれいだったんですよね。

「あれ、空ってこんなにきれいだっけ?」

と思ったんですよね。

透き通った青空に、
悠々と浮かぶ雲。

雲が自由に空を進んでいます。

そのときに今日からは
決められた時間に、決められたことを
しなくてもよいと思った瞬間に

「自由になった」

と思ったんですよね。

子供のころからずっとあこがれていた
自由だったのかもしれません。

生まれてから初めて
本当の自由を
感じた瞬間だったのかもしれません。

そして、この自由を続けるためには
がんばって、輸入ビジネスで
生活していかなければならないと
思ったわけです。

もちろん不安もありました。

そのあとは、もう本当に大変でした。
朝から晩まで、1日18時間以上は
仕事をしていました。

ご飯はいつ食べたかわかりませんし、
いつ寝たのかも
わからないような日々が続きました。

そのまま机で寝ていたこともありましたし、
気づいたら床で寝ていたこともありました。

でも、その大変な時期があって
今があるのと思っています。

私が思うに、
リスクと自由は
隣りあわせだと
思うんですよね。

チャレンジと自由
といってもよいかもしれません。

なので、
もし、あなたが何かに今チャレンジしているとしたら。

もし、あなたが何かにチャレンジしたいとしたら。

それは、大変な道かもしれませんが、
がんばればその分、
あなたにとっての
自由もきっと近づいてくるでしょう。

あなたは
どんな道を歩みたいですか?

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
自分で選んでやっていることは、苦労ではない。

↓「よかった」と思ったら、クリックがはげみになります。

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^