欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

「自分には好きなジャンルがないんです」について。

こんばんは。

ブログの読書の方
からのご感想です。

「ラッコさん、失神して気持ちよくなって、
それがクセになってないですよね?
そこまでいってないですよね?」

ちょっとちょっとー
待ってくださいよー

失神もしてないですし、
気持ちよくもなってないですから。

それに、それが
クセにもなってないですってー

どんどん話が大きくなっている気がします。

私はかなりノーマルな人間です。

さてさて、
いただいたご質問にお答えしていきます。

「私は今年は、総代理点ビジネスに
挑戦したいと思っています。
でも、私は特に好きなジャンルがないです。
私でも大丈夫でしょうか?」

とのご質問です。

これはよくあるお悩みですよね。

はい、これは大丈夫です。

たしかに、みんながみんな
自分が何が好きなのかって
分かっているわけではないですよね。

釣りが好きな人、
音楽が好きな人、
料理が好きな人、
こういった分かりやすい好きなものがあればよいのですが、
なかなかそういったものがない方も多いです。

ですが、これは
あまり気にされなくても大丈夫です。

リサーチを続けていくうちに
自分が興味があるものがだんだんと
分かってきます。

それで、やっているうちに
これはたしかに昔から興味があるけれど
これはだれでも興味があるものを
思っていた
ということも出てくるんですよね。

たとえば、
犬好きということを自分では意識していなかったけど
ペット用品を見ているうちに
それを自覚するようになった
という感じですね。

なので、やっているうちに
だんだんと自分のこともわかってきますので
それも楽しいところですね。

あと、逆にこれはやりたくない
というのもわかってきます。

私の場合は
スポーツアウトドア系は興味がありますが、
逆に、精密機械のようなものは、
もともと苦手なのでそういったジャンルは
あまりしたくないですね。

違和感があるか、ないか。
興味があるか、ないか。
ぐらいで最初は見てみるとよいですよ。

というわけで、
自分には好きなジャンルがないんですについてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
当たり前のことほど、自分では意識しないものです。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^