欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

利益率が17%で2000円利益が出る商品の仕入れ。

こんばんは。

外に出て
セブンティーンアイス
の自動販売機を見ると
ついついアイスを買ってしまいます。

好きなアイスは、
クッキー&クリームか
チョコチップです。

どうやら、
私の場合
アイス中になんらかの歯ごたえが
あるものがあると、美味しく感じるようです。

抹茶や
イチゴなどの
ほかのアイスは悩まないのですが
クッキー&クリームかチョコチップ
だけはいつも悩んでしまいます。

ブログを書きながら、
とても良いことを思いつきました。

それは、
両方とも買ってみて(大人買い)
頂上決戦をしてみる
ということです。

これで、どちらが最強なのかが
ハッキリします。

今度やってみます。
(輸入のブログです。すみません。。
後半は多少それらしくなります。)

さてさて、いただいた
ご質問にお答えしていきます。

「ラッコさん、Amazon欧米輸入で
商品リサーチをしています。
利益率が17%といった低い利益率ですが、
利益が2000円取れるような商品は
仕入れてもよいのでしょうか?」

とのご質問です。

なるほどー
具体的なご質問ですねー

たとえば、
欧米輸入の単純転売で
Amazon.comやeBayなどからの小売り仕入れをしていたとします。

そこで自分がリサーチの基準が
利益率が20%以上の商品と
したとします。

だけど、リサーチをしていたら、

利益率が17%と基準より低いが
一つ売れると2000円利益が出る商品が
見つかったとします。

この場合、悩みますよねー

この場合、私としては
自分の決めた基準以下の商品は
仕入れない方が良いと思っています。

なぜかというと、
ルールを一度破ると
どんどん基準が下がってしまうんですよね。

19%で利益が3000円出るなら仕入れてもよいだろう。

18%で利益が3000円出るならこれもいいかな。

17%だけど、利益が3200円も出るからこれもオッケー。

という風にどんどん基準が下がってしまいます。
そうなると、トータルの仕入れにする
予想されるトータルの利益も下がってしまいます。

たとえば、
投下資本利益率で30%の商品を100万円仕入れたとします。
予想利益は30万円です。

それでは、投下資本利益率が10%の商品を100万円仕入れたとします。
予想利益は10万円ですね。

せっかく100万円も仕入れたのに
予想利益は10万円なんです。

これなら、投下資本利益率が30%の商品を30万円仕入れても
予想利益は9万円なのであまり変わらなくなってしまいます。

たくさん仕入れてがんばっていても
利益率が低ければ、結局利益も残りません。

個人事業主で始めたばかりのころは消費税もかかりませんが、
いずれ売り上げが上がると、消費税もかかってくるので
少ない利益率でビジネスをしていたら
のちのちほんと資金繰りが厳しくなってきます。

なので、一度決めた利益率の基準は守って
リサーチをがんばっていくことをおススメします。

けっきょくはその方が利益が残りやすいですからね。

というわけで、
利益率が17%で2000円利益が出る商品の仕入れについて
でした。参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
お酒を飲んだ勢いでラーメンを食べると翌日、体が重いです。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^