欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

Amazonの商品ページの修正で、修正したほうがよいところ。

こんばんは。

体調が、文字どおりの
絶不調です。

食欲もゼロです。

久々の病院に行って
薬を飲んでいる生活です。

ここ最近体調が良くなかったので
一気につけが来た感じです。

お互いに、
体は大事にしていきましょう。

さてさて、
いただいたご質問にお答えしていきます。

「先日のブログで、Amazonの商品ページの
修正依頼についてお話しされていました。
具体的に、どこから修正依頼したほうが良いでしょうか?」

とのご質問です。

なるほど、具体的なご質問ですねー

まずは、
修正したほうが良いのは

商品タイトル

ですね。

商品タイトルは、
お客さまが商品を検索されるときに
一番影響されます。

なので、たとえば
これが英語だけの表記になってしまうと
検索されるのが難しくなります。

なので、まずは
商品タイトルに商品のメーカー名や
日本語での呼び方、検索されやすいワードを
入れていきます。

次に、

商品画像

も大事ですね。

商品画像が1枚しか入っていなかったら
お客さまから見て、どのような商品かが
分かりづらいですよね。

なので、できれば、商品画像は
いろいろな角度から撮ってある写真を
7枚は入れたいところです。

次に、

商品の仕様(箇条書き)

のところもそうですね。

ここに、先ほどと同じように
検索されやすいキーワードを使いながら
文章を作っていくとよいですね。

あとは、
ブラウズノード(カテゴリー)
が設定されていなかったら
正しいカテゴリーに設定して、

検索キーワードも設定されていなければ
設定してあげるだけで
検索に引っ掛かりやすくなります。

まずは、これだけしていれば
以前に比べてグッと分かりやすいページになります。

あとは、何個かやりながら実践を通じて
覚えていくとよいですね。

というわけで、
Amazonの商品ページの修正で、修正したほうがよいところ
についてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
もう一度、生活習慣を修正することにします。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

 

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^