欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

ネットショップリサーチでの関連商品の探し方。

こんばんは。

ここ最近、

夜寝る前にスマホを見ない

という生活を続けております。

これをするようになってから
だいぶ寝つきがよくなってきました。

ルールとしては

寝る前の1時間はスマホやパソコンを見ない

というルールです。
シンプルなルールです。

できれば、2時間くらい見なければ
もっと効果的です。

やっぱり寝る直前まで
こうやってブルーライトを発するような機器を見ていると
頭もさえてしまいますし、
寝つきが悪くなってしまうようです。
(専門家ではないので詳しいことはわかりません。)

代わりに本を読んだり、
最近買ったキンドルオアシス(Kindle Oasis電子書籍)
を見たりしています。

寝つきが良いと
朝も決まった時間に目が覚めるのでよいですね。
だいたい7時くらいには目が覚めます。

よかったら、試してみてくださいね。

さてさて、輸入ビジネスの方ですが
いただいたご質問にお答えしていきます。

「欧米輸入のリサーチをしています。
AmazonやeBayではなく、ネットショップから仕入れて
利益が出るものが見つかりました。出品者も少ないのでチャンスです。
こういったものは広げていくべきでしょうか?」

とのご質問です。

これはいいですねー
ぜひ広げていってほしいですね。

やっぱり、Amazon.comで仕入れて
それと同じASINのものをAmazon.jpで販売するとなると
どうしてもシンプルなリサーチなので
ライバルも多くなります。

同じASINで、価格差があるという条件だと
ツールでも拾ってこれるので
カンタンなんですよね。

なので、ASINが違う商品だったり、
珍しいキーワードで検索した商品だったり、
ネットショップから仕入れたり
となると、それだけカンタンに見つからないので
利益も出やすくなります。

ご質問の件ですが、
ここからはこのチャンスを広げていきたいところですね。

具体的にはたとえば、

・そのネットショップが販売している商品で
同じブランドの違う商品をチェック

・そのネットショップが販売している商品で
違うブランドの同じ種類の商品をチェック

・そのネットショップが販売している商品で
売れ筋商品をチェック

・その商品を販売しているほかのネットショップを調べる。
そして、そのショップのほかの類似商品も見てみる。

・その商品を販売しているセラーが扱っている商品を見てみる。
そして、同じブランドや、類似商品を見つけたら
またネットショップを探してみる

といった具合にすれば
どんどん広がっていきますよね。

上の例は、あくまでも例なので
ほかにもご自分で考えて
自由に派生させていってくださいね。

こういった派生には決まりはないです。

逆に、決まりがないから
自由にリサーチできて、
あなただけの商品を見つけることができます。
そこから新規商品登録もよいですね。

そうすれば、競合も少なくて
利益を出しやすくなります。

いかがでしょうか。

一つ利益が出るものが見つかれば
その周辺にも利益が出る商品が見つかる可能性が高いです。
芋づる式で、ほかの商品のリサーチも
やってみてくださいね。

というわけで、
ネットショップリサーチでの関連商品の探し方
についてでした。参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
スーパーに行けば、豆腐にも牛乳にもいろんな種類があります。

↓昨日の記事がなかなか反応がよかったようで、ありがたいです。

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^