欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

仕入金額からパッと想定利益を出す方法。

こんばんは。

どうでも良い話ですが、
私は
ざるそば
が大好きなんですよね。

はじめていった
蕎麦屋さんは
まずは、ざるそば
を食べて味を確かめます。

そして、自分なりの
食べ方があるんですよね。

まずは、
そばをそのまま
お箸でとって食べます。

そうすると、
そばの本来の味を
楽しむことができます。

おいしい
蕎麦屋さんの場合
この時点で、
そばの香りが口の中に広がります。

次に、ワサビを
すこしつけて、
そのままいただきます。

今度は、ワサビの味が
くわかってさっきとはまた
違った味を味わうことができます。

そして、最後に
今度はツユにつけていただきます。

そうすると
今度はツユとおそばが絡み合った
味を味わうことができます。

こうすることで
3種類の味を楽しむことができます。

おそばの味を
より楽しみたいという方は
一度お試しください^^
ゆっくり食べるのがポイントです。

さてさて、輸入ビジネスの方ですが、
昨日のブログで

コンサル受講者の方のメッセージで
「毎月50万円分仕入れていけば、月利10万円いくなと
いうことが分かってきました。」
とのお言葉がありました。

これについて、昨日お話しできなかったので
解説させてください。

まず、私の場合
輸入ビジネスを物販ビジネスと考えます。

そして、物販ビジネスを投資と考えるんですよね。

利益率については、投下資本利益率
とう数値を使って計算します。

これがなぜ便利かというと
予想の
おおよその利益が計算できるからなんですよね。

たとえば、
仕入れが10万円だったします。

そして、投下資本利益率が
20%だったとしますよね。

この場合、
10万円×0.2=2万円
の利益が想定利益となります。

では、たとえば
仕入れが50万円だったとします。

同じく、投下資本利益率が
20%だったとしますよね。

この場合、
50万円×0.2=10万円
の利益が想定利益となります。

いかがでしたでしょうか?

逆に言えば
月利10万円を目標にして、
投下資本利益率が20%で販売できれば
仕入れが50万円あれば、
10万円を達成できるということになりますよね。

これが、
先ほどのメッセージの
「毎月50万円分仕入れていけば、月利10万円いくなと
いうことが分かってきました。」
ということになります。

たとえば、
月100万円の仕入れで、
投下資本利益率が30%ならば、
想定利益が30万円となります。

パッと計算できて
便利ですよね。

なので、仕入れから
想定利益を出すときは
投下資本利益率のが方が
便利です。

今日は
仕入金額と、投下資本利益率で
想定の利益が計算できる
ということを覚えてもらえればオッケーです。

というわけで、
問題です。

仕入れ200万円、
投下資本利益率30%ならば、
想定利益はいくらでしょうか?

考えてみてくださいね^^

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
出来上がりの形がイメージできれば、組み立て作業もはかどります。

↓答えの「60万円」が分かった方は、クリックをどうぞ^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^