欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

Amazon、楽天の商品ページ (⑥キャッチコピーの長さ編)

 

こんばんは。

読者の方からのコメントです。

「先日の読者の方のコメントで、
『ラッコさん双子説』が浮上していました。
でも、私は双子ではなくて、『影分身説』です。
よろしくお願いします。」

ちょっとちょっとー
待ってくださいよー

双子でもないですし、
影分身もできないですってー

輸入ビジネスのブログを書いていたら
いつの間にか
忍術使い
になっているじゃないですかー

私は普通の人間です。

一人ですし、忍術とかも使えません。

こちらこそ、よろしくお願いします。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが、
今日はキャッチコピーについてお話しさせてください。

Amazon輸入でページのキャッチコピーの長さ

キャッチコピーは、
いろんなところで使われるものです。

ニュースリリースのタイトルでも使われますし、
クラウドファンディングをするときのタイトルや
バナーの中にも使われます。

輸入ビジネスでも
Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングの
商品の説明や、商品バナーの中でも
使われます。

それで、今日はそのキャッチコピーの長さについて
お話ししたいのですが、
キャッチコピーは短いほど伝わりやすい
ということですね。

そうだ、京都行こう

のようなキャッチコピーですね。

これ、改めて
すごいコピーですね。

短いから、覚えやすいし
読んだ人の気持ちを動かす
コピーです。

実際に覚えやすいので
私も今、パッと思い浮かんだのが
このコピーでした。

これがもっと長くなって

そうだ、季節的にもよい時期だし、京都にでも行こうかな。

となると
ここまで頭に残りませんよね。

このように
キャッチコピーは
短い方が人の頭に残りやすし、
読んだ人の気持ちを動かしやすくなります。

分かりやすいタイトルは、
13文字以内が良い
と言われている人がいますが
これも同じ原理ですね。

せっかくなので、
今日のブログも短めに終わりますね。

この方が、記憶に残りやすいと思いますので^^
というわけで、

短い言葉は、心に残る。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
あなたの中にずっと残っている、あの人の言葉は。

 

 

短いのもたまにはいいね、と思ってくださった方はクリックをどうぞ↓

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^