欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

総代理店ビジネスで海外メーカーとの関係をよくする方法。

こんばんは。

読者の方のご感想です。

「ラッコさんのブログ、ほんとにリアリティあります。
アイスの食感まで伝わってきます。
そばののど越しとか。
鬼コーチの迫力とか。」

ちょっとちょっとー
待ってくださいよー

ひっとつも
輸入ビジネスのご感想が入っていないじゃないですかー
あと、そばののど越しとか
鬼コーチとかって、ご感想が細かすぎますってー

でも、そうやって
私の体感が
伝わってもらえているなら
ありがたいですね。

アイスの食感やそばの話は
穏やかでよいのですが、
鬼コーチの迫力は
たしかにありますよね。

そういえば
最近、鬼コーチネタを
お話ししていないですよね。

なぜか、
鬼コーチファンが多いのですが気のせいですかね。
みなさん、
私がしごかれるシーンが好きなんですかね。。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
こちらは輸入ビジネスに関する
ご感想です。(珍しい)

メーカーとの独占契約更新に成功

「ラッコさんん、現在海外のメーカーさんと独占契約を結んでいます。
ちょうど、契約更新の時期だったので
ラッコさん戦法でプレゼンをしてみました。

そうしたら、みごと目標値が下がって
独占契約の範囲も広がって、更新することに同意していただけました!
新しい担当者とも良い関係性が築けそうでとてもよかったです。
ありがとうございます!

Yより」

おおおお!
Yさん、おめでとうございます!!

これですよー、これこれー
こういうご感想ですよーー

こちらの記事の内容を実践されたんですね。

海外メーカーとの代理店更新時の販売ノルマ。

お話しした内容を素直に実践されるところが
ほんとすばらしいですね。

ほんと、こういった交渉やプレゼンって
やり方次第で条件がかなり変わってくるんですよね。

今までやってきたことを伝える。
今後の方針を伝える。
販売の目標やビジョンを伝える。
そして、相手のメーカーとビジネスパートナーとして
末永くやっていきたいことを伝える。

相手の話を聞く。
共感できることを素直に伝える。
商品に対する熱意を伝える。

こういったことを丁寧にやっていくことで
やっぱり相手も人間なので
心が動かされます。

そうやっていくことで
長くビジネスを続けていけますし、
長く続けていけば次第に
信頼関係もできてきます。

信頼関係ができてくれば、
こちらの商品に対する改善要望も
聞いてくれるようになります。

商品が改善されれば
より商品が売れて、
お客さまの満足度も上がって
お客さまからのレビューもよくなります。

そうなると、もっと売れるようになって
仕入れができるようになります。

そうなると、メーカーとしてもうれしいですし、
こちらの売り上げも利益も上がります。

このような
よいスパイラルに入ることができます。

なので、最初からあまり
焦り過ぎずに、一つ一つご自分ができることを
やっていくとよいですね。

ビジネスは短期的な目標も大事ですが、
長期的なビジョンや方針も必要です。

目の前だけを見ないで
遠くも見るイメージです。

Yさんは、このように相手のメーカーとの
コミュニケーションを大事にされているので
これからもきっとうまくいくと思います。

もしあなたが、代理店ビジネスをこれから
はじめたい、現在やっているけど
なかなかメーカーの担当者と仲良くなれない
ということがあれば、
今日のYさんのご感想が参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
相手のメーカーと友人のようになれれば、最高ですね。

「鬼コーチネタ」が希望の変わった方はクリックを↓

 

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^