欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

Amazonからの取扱不可商品のご連絡への対応。(FBA納品)

こんばんは。

読者の方からのご感想です。

「ラッコさん、おつかれさまです。
もはや、『ちょっとちょっとーー』って言われるのがうれしい
読者に成長してきました(笑)
B級グルメや、アイス好きな人にブログを広めたいです(笑)」

これすらも、
ちょっとちょっとーー
待ってくださいよーー!

これって、成長っていうんですかね。
たしかに、ツッコミのレベルがパワーアップしているので
それについては、成長と呼べるのかもしれませんが、
そこの成長はまったく望んでいませんからね。

あと、B級ブログや、アイス好きの人に広めていきたいって、
広めていきたいところ、完全に見誤ってますからね。

輸入ですって、輸入。

ブログのタイトル見てくださいよー
『B級ブログの旅』になってないですよね。
輸入の記事をもう何年も書いているんですってー

今後とも、どうぞよろしくお願いします。(お手柔らかに)

さてさて、

『輸入ビジネス』

の方ですが
今日はAmazonに納品できなかった商品が
納品できるようになった件をシェアしますね。

Amazonの納品不可商品の解除について

現在、日本の総輸入代理店として
日本で販売しているアメリカのメーカーの商品があるんですよね。

これが、ある日突然、
Amazonから連絡があって、
要件を満たしていないため
FBAに納品ができなくなりました。

具体的には以下のようなメールです。

「上の商品は、日本語の法定表示が隠れている(FBAラベル等で一部隠れている場合も含む)、
もしくは外装から見えていないため、現在お取り扱いできません。

日本語の法定表示が外装から確認できない、
または一部隠れている「食品」「海外化粧品」「医薬部外品」などを販売することは、
法令に違反する可能性があります。
つきましては、上記商品を販売不可在庫として計上させていただきますので、
Amazonセラーセントラルに反映され次第、返送もしくは所有権の放棄(廃棄)の依頼をお願いします。」

調べてみると、パッケージが英語だけだったので
日本語の説明ラベルを貼る必要があるとのこと。
医薬部外品ではないのですが、
どうやら、そう思われているようなので
それも解消する必要があります。

それで、パートナーさんに
成分表などのラベルシールを作ってもらい
それを商品に貼りつけました。

その後、その貼りつけた状態で
写真に撮って、Amazonに申請しました。

3回ほど、申請が却下になりましたが、
あきらめずに、改善しながら申請した結果、
ようやく許可が通りました。

めでたく、またFBAに納品できるようになりました。

最初は、何が足りないのかわからなかったので、
厚生労働省や、保健所、消費者庁などに
確認しながら進めていきました。

結果的に、同業他社の商品を
購入してそれを分析することでうまくいきました。

ほかの出品者が許可が通っているなら
そこにヒントがあるはず
という考えです。

私の場合、
商品名、主な成分、製造者名、
輸入代理店名などを入れて合格できました。

商品によって基準が違うと思うので
もし、あなたが同じような状況になれば
類似商品を購入して、
そのラベルを参考にするのがよさそうです。

というわけで、
Amazonからの取扱不可商品のご連絡への対応についてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
トラブルを乗り越えるたび、一つ成長できます。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^