欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

メーカー交渉での販売ノルマシリーズ(③チャレンジ編)

 

こんばんは。

最近、なぜか恒例になってきました
読者の方からのご感想です。
(さらに『ご感想コーナーが好き』
という変わった読者の方が増えてきました。)

「ラッコさん、お疲れさまです^^
どうして、みんながラッコさんをいじりたくなるかを、
私なりに考察してみました。

まず一つ目の理由として、
ラッコさんのその『いじりやすい人柄』ですね。

次に二つ目の理由として、リアクションが早くて面白くて、
読者を楽しませることがほんとに上手いからです。

以上です。
がんばってください。」

ちょいちょいちょいちょい
待ってくださいよーーー

何を『私なりに考察』されているんですかー
もっとプライベートのこととか、
ご自分のビジネスのこととか、
いろいろ考察されることありますってー

あと、『いじりやすい人柄』ってどんな人柄なんですか。
初めて聞きましたけど。

たとえば、初対面の人に

『ラッコさんって、本当に
いじりやすいお人柄なんですね』

って言われたら
めっちゃビックリしますってー

でも、最後の部分のリアクションがいいって
これって、かすかに誉め言葉ですよね。
あ、ありがとうございます!

これからも、リアクションを大事にしていきます。
(どんどん違う方向に行っている気がします。)

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
総代理店ビジネスについての
ご質問についてお答えしていきます。

メーカーが希望している注文数量が大きいとき

内容としては、
「メーカーから要求されているロットが高くて
代理店契約を結ぶか悩んでいます。
このような場合、どうすればよいしょうか?」

これは、よくあるお悩みですね。

まずは、ロットが大きいときは
数字が下がらないかを交渉していきます。

詳しいやり方については、
以前のブログをご覧ください。
たとえば、これなど。

海外メーカーとの交渉のときの販売ノルマについて。

それでなのですが、
販売ノルマは交渉して、
それでも自分が予想している販売数量よりも
メーカーが希望している購入数量が多いとします。

たとえば、
自分としては、月100個くらいは売れると思っています。
年間1200個くらいは売れると思っています。
しかし、メーカーは年間2000個買ってほしいと言っています。
それが独占販売権の条件とします。

がんばればいけそうな気もする
といった数だとします。

このような場合は、
悩みますよね。

もちろん、このような場合でも
最初はテスト仕入れはします。

そして、テスト仕入れして問題なく
売れるようであれば、

私なら、

思い切って挑戦してみる

ということをおススメします。

月に100個くらい売れると思っているのは
現在の自分の販売力を計算したときですよね。

でも、半年後の自分は今より成長していて
月に200個売れるようになっているかもしれません。

今の自分が続いていくというのを考えるのではなくて、
自分が成長していくという前提で考えるということですね。

それで、
現在の自分と
ノルマを達成できる自分とに
差ができますよね。

さて、問題です。

この差のことを何というでしょうか?

・・・

・・・

この差のことを

成長

とも言えますよね。

ビジネスをしていくなら
現状維持ということはありません。

現状維持でよいと思っていれば
次第に、
売り上げも利益も減少していきます。

それは、なぜかというと

周りの環境が変化していくから

です。

なので、周りの環境の変化に対して
自分も成長していかなければなりません。

ということで、
自分にはっぱをかけるためにも、
今の自分の実力よりもちょっと背伸びした
ノルマに挑戦してみる
というのもありですよね^^

逆に、それを達成しようと思えば
いろいろとアイデアもわいてきますし、
行動していきます。

たとえば、
『世界一周旅行をする』
ということが決まってしまったら
それをどうにかしよう
という考えになりますよね。

なので、もしあなたが
ちょっと今の自分の力よりも、
高い目標を要求されているとしたら
「背伸びしてチャレンジしてみる」
というのも一つの考えですよ。

今日よりも、明日。

今月よりも、来月。

そして、今年よりも来年。

あなたは、一年後の未来を
どのように描きますか?

一年後のあなたが、
今のあなたを振り返ったときに
「へー、一年間よくやってきたねー」
と言ってくれるとうれしいですよね。

悩んだら、まずは走ってみる。

そうやって夢中で走っていれば
あなたが、一息ついたとき
振り返ってみると
こう思えるかもしれません。

「あのとき、充実していた」

と。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
物事に対するリアクションが、未来のあなたを決めていきます。

 

 

いつも応援、ありがとうございます。

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^