欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

Amazon欧米輸入のリサーチでKeepaの波形について。

こんばんは。

現在、
GREEN FUNDINGで
クラウドファンディンを行っています。

Facebook広告というものを
かけて、外部から
集客を試みております。

それで、予算の35,000円の
広告費を使い終わったので
一度、広告を止めてみたら
パッタリと売れ行きがとまってしまいました(泣笑)

なので、早速
Facebook広告を再開することにしました。

外部広告は
アクセス数、クリック率など
覚えることが多いので
これから研究していきます。

わかったことがあれば
ブログでもシェアしていきますね。

もはや、欧米輸入ビジネスの研究家に
なりつつあります。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
いただいたご質問にお答えしていきます。

欧米輸入のリサーチで、Keepaの見方について

「ラッコさん、Amazon輸入のリサーチで
Keepaで売れ行きを確認しています。
Keepaをみると、きれいにジグザグになっていなくて
売れているか売れていないかよくわからないことがあります。
この場合はどうしますか?」

とのご質問です。

たしかに、ジグザグがきれいになっていないときが
ありますよね。

このような場合は、
私の場合は、ノイズと思って
Keepaに頼らないようにしています。

そして、ランキングの方を頼りにします。

たとえば、
おもちゃで、10,000位以内くらいであれば
そこそこは売れていると判断して
逆に100,000位などになると
ほぼ売れていないと判断します。

なので、Keepaの波形が
きれいな波形になっていないときは
ランキングのところで判断します。

また、たとえば、
おもちゃで5,000位の商品があったとします。

このときに、Keepaの波形が
はっきりしなかったとします。

そのときは、同じようなランキングの
商品があれば、その商品の波形を
参考にします。

カンタンに言えば、
5000位の商品と、
5001位の商品であれば
ほとんど売れ行きが変わらないだろう
という推測です。

あとは、出品者をみます。
無在庫出品者が多いときは
売れる可能性が少ないと感じますし、
売れる商品を多く扱っているセラーが多くいれば
売れる可能性が高いと判断します。

けっきょくのところは
テスト仕入れしてみないと
売れるかどうかはわからないので
悩んだときは、とりあえず1個仕入れて
テストするというのありですね。

私の場合は、最初のころは
悩んだらGOの精神で
とりあえず仕入れててみて
失敗したら仕方がない
という考え方でやっていました。

そうやっていると
経験も増えてきて
売れるかどうかも
なんとなくわかってきます。

あとは、
カテゴリーごとに
何位以内であれば
売れていると判断して
仕入れるというリストを

ご自分で作っておくとよいですね。
それがあれば、ランキングで仕入れるときに
とても楽になります。

というわけで、
Keepaの波形が微妙なときの
考え方でした。参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
一つ一つの失敗で、やがて「勘」が磨かれていきます。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

 

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^