欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

Amazon欧米輸入で商品名(タイトル)の3つのポイント。

こんばんは。

いつもどおり
コンビニでアイスを選んでいたら
ふと、
「アイスのカロリーってどれくらいなんだろう?」
という疑問がわきました。

それで、表示のところを見てみると
なんと
「300キロカロリー越えの剛腕アイス」
もあることがわかりました。

調べてみると、
ご飯を茶わんに軽く
一杯で約240キロカロリー
でした。

ということは、
アイスの方がごはん茶碗一杯よりも
多いってことじゃないですか。

むしろ、

大盛一杯じゃないですか。

けっこうな発見でした。
カロリーが気になってきました。
特に体重はきになっていないので
カロリー制限はしない方針です。
(今のところ)

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
今日はAmazonの商品名について
お話ししますね。

欧米輸入でのAmazonの商品名(タイトル)のポイント

商品名って
ほんと大事なんですよね。

お客さまが、
商品を探すときは
まずは検索キーワードで検索されます。

たとえば、
寝袋
といれて検索したら
寝袋の商品がズラッと検索結果に
表示されます。

その後、その中から
気に入った商品を
クリックします。

このときに気になるのが
画像、価格、レビュー数、タイトル
になりますよね。

なので、最初の入り口でも大事です。
また、検索に引っ掛かりやすくするためにも
キーワードを盛り込むのも大事なんですよね。
タイトルにはいろんな役割が盛り込まれています。

まず、ポイントの1目としては

キーワードを盛り込む

ということですね。

現在のAmazonのルールでは、

・商品名はスペースを含めて200文字以内
・英数字・全角文字を含めて、80文字未満が目安

となっています。

そのルールの中で、
さきほどもお話ししたように
タイトルに検索されそうな
キーワードがたくさん入っていれば
いるほど、検索に引っ掛かりやすくなります。

なので、関連キーワードを
盛り込んでいくとよいです。

関連キーワードが分からなければ、
Amazonの検索ボックスに
「テント」
というキーワードを入れて
表示されるキーワード(サジェスト)を参考にするとよいです。

たとえば、

テント ソロ
テント 2人用

といったキーワードがでてきますので、
ご自分の商品にあうキーワードを
盛り込んでいきます。

次に、2つ目としては

魅力を伝える

ということですね。

お客さまが
パッと見たときに
その商品の特徴やメリットが伝わって
魅力的に思えるとよいですね。

たとえば、テントであれば

・軽量さ
・コンパクトさ
・頑丈さ
・組み立てのしやすさ

などが伝われば
分かりやすいですよね。

このように、お客さまがみたときに
魅力が伝わればさらに良いです。

最後に、3つ目としては

見た目をよくする

ということですね。

タイトルの中にキーワードを盛り込み過ぎると
ゴチャゴチャしてしまう
こともあります。

そうならないように、
関連するキーワードはまとめておけば
見やすくなります。

たとえば、
・商品ジャンルの名前に関する(メーカー名や、ブランド名)
・用途に関するキーワード(アウトドア、キャンプなど)
・仕様に関するキーワード(重さ、コンパクトさなど)
などを
まとめておけば、すっきりして見やすくなります。

このように、タイトルを変えるだけでも
売上があがることが多いです。

というわけで、
Amazonの商品タイトルについてでした。

カンタンに改善できて、
効果は大きいところなので
特に、ご自分が新規でカタログを作った商品
総代理店ビジネスで販売している商品
などは、参考にしてみてくださいね。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
あなたが思わずクリックするときは、どんなときですか?

↓「タイトルの参考になった」という方はクリックしてもらえると、
今後の参考にします^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^