欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

輸入ビジネスに対する考え方シリーズ(会社員との違い編)

こんばんは。

次郎系ラーメンって
あるじゃないですか。

特大の太麺のラーメンに
大盛のもやしに
チャーシューがのっている
山のようなラーメンです。

夏の風物詩に例えると
かき氷。

ケーキに例えると
モンブランです。

あれって、お店の前に並んでいる人を見ると
ついつい食べたくなるんですよね。

それで、ためしに食べてみると
自分がそこまで

プロのアスリート

ではなかったということに気づきます。

そして、猛烈に反省します。

並んでいる人を見学するのと
実際に食べてみるのではだいぶ違います。

あれは、プロの職人と
プロのアスリートが戦う
神聖なスポーツ
だと思っています。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
今日は会社員時代と
現在の違いについてお話ししますね。

サラリーマンでの副業時代と、起業時代の違い

たまにいただくご質問として
「ラッコさんは、副業で輸入ビジネスを
されていたそうですが、
会社員時代と今の違いってありますか?」
といったご質問があります。

そうですねー

これはいろいろとあるんですが、
やっぱり一つは

自由

が頭に思い浮かびますね。

会社員時代は
・決まった上司
・決まった同僚や部下

・決まった時間に
・決まった場所で
・与えられた仕事を
していました。

でも、今は
誰を付き合うかも自由ですし
どこで、どんな仕事をするかも
自分の気持ち次第で変えていけます。

極端な話、
「来週から沖縄に行こう」
「さ来週は北海道に行こう」
となっても、仕事をしながら好きな人に会って
旅をすることはできます。

そういった自由はあります。
あとは、やっぱり
お金的な自由も会社員時代に比べて
少しだけ余裕がでるようになりました。
(たいしたことはないですが。)

それと、もう一つの違いとして

がんばっていたときの評価

というものもあります。

会社員時代は、
たくさんの仕事を人よりこなしたり、
休みの日も仕事をしたり
遅い時間までがんばっていたら
褒められていたこともありました。

でも、自分でビジネスをしていると
がんばっていても
だれも褒めてくれないんですよね。

当たり前の話ですが、
たとえば、私が仮に
朝から晩まで輸入ビジネスの仕事しているからって
だれも褒めてくれないですよね(笑)

自分もそんなことで
誰かに褒められたいとも
思っていないんですよね。

こだわるのは
あくまでも、結果です。

いくら売り上げが出せるか、
いくら利益が出せるか、
手残りのお金がいくら残るか。

どうやってお客さまに喜んでもらえるか。
取引先に喜んでもらえるか。
パートナーさんとスムーズにして
チームとしてよい仕事ができるか。

そして、無駄な時間をなくして
いかに少ない時間で
効率よくビジネスができるか。

そんなことに
こだわっています。

なので、それを達成するために
裏でやっていることに対して
だれかに見てもらいたいとも思わないですし、
褒められたいとも思っていないです。

あなたはどうですか?

もしかして、副業で
Amazon輸入ビジネスをされて
毎晩遅くまでリサーチして
寝不足になっていませんか。

それで、体調を崩し気味で
仕入れがはかどらない
となっていませんか。

がんばっていることは
とても素晴らしいことですが、
それで仕入れができなくて
利益も減ってしまったら
本末転倒になってしまいます。

会社員と経営者の違いは、
自分の船は
自分で進めることです。

それは、
大変なこともありますが
自由なことでもあります。

あなたは誰かにがんばっているところを
ほめられたくて、ビジネスをしていますか。

それとも、ビジネスで
結果を出して自分の夢もかなえて
いろんな人を喜ばせたいですか。

どちらにこだわりますか?

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
プロ同士の勝負だからこそ、そこには楽しみも深みもあります。

「結果派」の方は、クリックを↓

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^