欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

欧米輸入ビジネスの商品リサーチ(ずらしの考え方編)

 

 

こんばんは。

ここのところ体調が
あんまりよくないのですが、
ジムに行けていなくて
運動不足だったんですよね。

いつも週に2,3回は行っていたのですが
予定が多かったのを言い訳に行けて
いませんでした。

運動しないと食欲も出ないし
寝つきも悪くなります。

睡眠がとらないと
頭が冴えないんですよね。

やっぱり、運動、睡眠、食事のバランスが
大事だと身をもって感じますね。

今週の目標、
ジムにちゃんと行くこと。
(小さな目標すぎる。)

さてさて、
今日は欧米輸入のリサーチの
ずらし方についてお話ししますね。

Amazon欧米輸入のリサーチのずらし方

これは、ほんと
基本的な考え方になるのですが
基本的な考え方なので
いつでも応用ができます。

Amazon.comやeBayなどから仕入れる
転売系の単純転売の小売仕入れも
そうですし、

海外メーカー仕入れや
卸仕入れでもそうですし
総代理店ビジネスでも同じです。

基本的な考え方になります。

まずは1つ目としては、

他の出品者を見る

ということですね。

他のセラーを見て
どのようなものを
販売しているかを見ていきます。

(代理店ビジネスの場合は
その前に市場調査が入りますが
競合をチェックするのは
同じ流れになります。)

他の出品者が販売している商品を
見ることで、その商品の売れ行きや
どんな商品の需要があるかを
みることができます。

次に、

他のセラーが検索しなさそうなキーワードで検索

ということですね。

たとえば、
「テント 輸入」
であれば、他のセラーも同じような
商品を見ていますよね。

そこから派生をしていきます。

でてきた商品のタイトルをよく見てみます。
そうすると、いろんなキーワードが入っていることが分かります。

「ポリコットン」
「ワンポールテント」
「遮光」
「簡単設営」
「4人用」

こういったキーワードをもう一度
検索します。

たとえば、
「ワンポールテント 輸入」
といったキーワードで検索すると
先ほどと違う景色が見えてきます。

そして、その検索結果から
さらに派生していきます。

そうすることで、
より他のセラーと違う景色を見ることができます。

最後に、3つ目としては

お客さまの顔を想像する

ということですね。

さきほどの、ワンポールテントであれば
このキーワードで
Googleで調べてみます。

そうすると、それを使っている
お客さまがなぜその商品を使っているのかが
分かってきます。

そこででてきた、キーワードで
さらに派生していくというやり方です。

ここまですれば、他のセラーが
検索しないようなキーワードで
さらに検索することができます。

まず全体を知って、
そこからずらし
お客さまに合わせていく
といったイメージですね。

全体の流れを知っていれば
リサーチはやればやるほど
上達していきますので
リサーチの参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
好きな食べ物は何が思い浮かびますか?それに合う飲み物は?

 

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^