欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

輸入ビジネスで月利50万円を達成するのに必要な仕入れ。

こんばんは

近所の定食屋のおばちゃんが
「塩対応」すぎる件について、
続報です。

先日のブログでもお話しましたが
この定食屋さんが
毎回、「アジ」か「生姜焼き」
しか選べない日替わり定食なんですね。

もはや、

日替わらない定食

とも言えるんですよね。

それで、たまには
ほかのメニューも食べたいと思って

勇気を振り絞って
「すみません。とり肉で、何かできますか?」
と尋ねたんですよね。

そうしたら、おばちゃんから
テンションは一定のまま
眉一つ動かさないで

「できるけど」

返事があったんですよね。

「で、できるんかーい!(笑)」

と心のなかで叫びました。

頼めば替わる
日替わり定食。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
いただいたご質問にお答えしていきます。

輸入ビジネスで必要な月利と資金の考え

ご質問の内容は、
「輸入ビジネスで月利50万円を達成するのに
どれくらいの仕入れが必要ですか?」
というご質問です。

これはですね、
投下資本利益率(ROI)で考えるとよいですね。

売上高利益率と、投下資本利益率については、
こちらの記事で
以前お話しています。

それで、
投下資本利益率(ROI)で考えると
必要な仕入額がパッと計算できて
便利なんですよね。

投下資本利益率(ROI)=利益÷仕入額
で計算できます。

ということは、式を変えてみると、

利益=仕入額✕投下資本利益率(ROI)

となりますよね。

たとえば、
ご自身の先月のROIを計算したら、
25%になったとします。

とくにやり方を変えなければ
来月以降もこのROIに
近づく可能性が高いですよね。

ということで、
25%に設定するなら
200万円の仕入れ✕0.25=50万円となり、
200万円の仕入れが必要になるということが
計算できます。

となると、たとえば
仕入れを400万にしたら
400万円の仕入れ✕0.25=100万円となり、
100万円の利益が見込めるということになります。

このように、利益の見込みを出すのに
便利なので参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
まずは頭の中で、全体をイメージ。そこからスタートです。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

 

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^