欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

Amazon FBA 長期在庫保管料について。(Amazon輸入ビジネス)

こんばんは。

犬の動画って
なんであんなに癒やされるんですかね。

見ているだけでも
気持ちがホッコリします。

自分はトイプードルが好きなのですが
基本的に犬ならどの犬種でも好きです。

ちなみに、最近のおすすめは
ボーダーコリーのYouTubeの動画です。
かなり賢いので、かわいいし
見ていて驚きます。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
今日はAmazon FBAの長期在庫保管手数料
についてお話しますね。

Amazon FBA長期在庫保管手数料

これは、たまに
知らない方がいるんですが
知っておいたほうがよい数字です。

この金額が溜まると
一度に数万円かかることがありますので
溜まるとけっこう大きんですよね。

チェックの方法としては、

該当商品がある場合
→Amazonセラーセントラル
→在庫
→在庫健全化ツール
→ダッシュボード
の「通知」のところに表示されます。

ちなみに、
FBA長期在庫保管手数料とは、
Amazonの説明では
以下のようになっています。

「FBAでは、毎月15日に在庫チェックします。
保管期間が365日を超えた在庫については、
長期在庫保管手数料(10cm × 10cm × 10cmあたり17.773円)が
かかります」

となっています。

マメにチェックされることをオススメします。

一度在庫を引き戻して
また納品すると
この長期在庫保管手数料がかからなくなります。

ですが、在庫を引き戻すのにも
費用がかかるので、どちらのほうがお得かは
ご自身で計算されたほうが良いですね。

それよりもまずは、値引きをしたり
ポイントを付けたり、商品ページを魅力的にしたり、
広告をかけたりして
在庫を減らす努力をしたほうが良いですね。

というわけで、
今日は長期在庫保管料についてのお話でした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
攻めも大事ですが、守りも大事ということで。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^