欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

欧米輸入ビジネスの失敗談(転送編)

 

こんばんは。

読者の方で
コンサルティングを
受講ご希望の方から

「ラッコさん、コンサル料が
自動車学校より安いと思うんですが
これでいいんですか??」

とご心配いただきました。

そ、そうですか。。

自動車の免許も大変ですが
輸入ビジネスのやり方を人にお伝えするのも
けっこうなものですからね。

そう言われると
たしかに値段を
もう少し考えたほうが
よいのかもです。

お気持ちありがとうございます

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
昨日のブログで失敗談を
お話させてもらいました。

この内容が反応がよかったようなので
引き続き他の失敗談をお話しますね。

Amazon欧米輸入ビジネスの失敗談

最初の頃は、
右も左も分からずに
転送会社という存在も知りませんでした。

転送会社というのは
たとえば
アメリカからの輸入の場合
一度、アメリカの転送会社という倉庫に
商品を送って、そこからまとめて日本に輸入するサービスです。

それを知らなかったため
すべての商品を
Amazon.com
からなんと直送していました。

送料が驚くほど高くなって
売る前から赤字確定です。

こんなに難しいものなのか??

とリサーチに悩んだことを思い出します。

その後、MyUSとういう存在を知って
商品1グラムあたり
だいたい1円くらいの送料で
転送できることを知りました。

これがあるのと、ないのと
全然違いますからね。

経験者の方には笑われそうな話ですが
当時は真剣でしたからね(笑)

そういう失敗もあって
今に至っています。

何ごとも知っていると、知っていないとでは
大違いですからね。

なので、
こんな基本的なことも知らなかった私でも
周りの方のサポートのおかげで
なんとかここまでこれました。

お恥ずかしい話ですが、
今から輸入ビジネスを
チャレンジしようとシている方は
チャレンジされている方の
少しでも励みになればと思います。

というわけで、
輸入ビジネスの失敗談の転送編について
でした。参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
知っていると、知っていないとでは、だいぶ変わってきます。

 

他の失敗談にも興味がある方は、
クリックしてもらえると今後の参考にします↓

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^