欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

欧米輸入ビジネスの商品ページのコツ(総代理店編)

 

こんばんは。

MacBook Air(マックブック エア)用なのですが、
Blueloungeの フリップスタンドをAmazonで買ってみました。

ノートパソコンの後ろにつけて角度をつけるアクセサリーです。

以前よりもパソコンに角度がついて、
視線が高くなって、作業がしやすくなったので
シェアしておきますね。

こういったパソコン用のスタンドを取り付けるときは、
角度があるので、ご自分のちょうどよい角度のものを
購入されると良いと思います。

これは、実際にほかの商品も使ってみてわかったことです。
こうやって使ってみないとわからないことも多いですよね。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが、
今日は代理店ビジネスの商品ページ
についてお話させてください。

総代理店ビジネスでページ作成前の準備

Amazon欧米輸入で単純転売の小売仕入で新規カタログを作るときは
ここまでしなくてもよいかと思いますが、
総代理店ビジネスの場合、しっかりページを作り込む必要があります。

そこでなので、
ページを作る前にまずは準備を行っていきます。

流れとしては、一つの例として

□ レビューを読み込む
□ 自分が使ってみる
□ 実際の使っている人の意見を聞く
□ 知り合いに使ってもらい意見を聞く

といった流れになります。

商品を自分で使ってみて
実感することで分かってくることがあります。

たとえば、
アウトドア用品のバーベキュー用品であれば、
実際にアウトドアに出かけて、
バーベキューをしてみます。

キャンプをして、朝と昼と夜で
使ってみての違いを実感しても良いでしょう。

そして、周りのバーベキューをしている人と
話すチャンスがあれば、
バーベキュー用品についての話を聞いてみます。

あとは、知り合いにも使ってもらって
意見を聞いてみます。

そうすると、机上の空論ではなくて
実際の生のお客さまの気持ちがわかってきます。

実際に使うことで、
地面の凸凹があるかもしれません。
風の影響があるかもしれません。
突然の雨があるかもしれません。
大人数で使うことで分かってくることがあるかもしれません。

準備に時間がかかったか。
片付けは大変だったか。
持ち運びはどうだったか。

わかってくることがあります。
そして、それを踏まえて商品ページを作っていきます。

これをした人と、していない人では
商品ページの内容が全く変わってきます。

というわけで、
今日は代理店ビジネスの商品ページの
準備についてでした。とても大切なことですので参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
使ってみることで、わかってくることも多いものです。

 

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^