欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

Amazon、楽天の商品ページ(気持ちの流れ編)

 

こんばんは。

読者の方からのご感想です。

「ラッコさんがキノコのパスタを
作られた写真を見ましたが、
それがおいしそうで
ずっと気になっています」

あ、ありがとうございます!

そうでしたか、
あれはプロの料理人の方の動画を
見よう見まねで作ってみましたが、
なかなかの力作でした。

今後は、輸入は物販の話も
気になってもらえるようにがんばります。

さてさて、
輸入ビジネスの話ですが
今日はお客さまの気持ちの流れについて
お話させてください。

Amazonや楽天で商品を購入するお客様の気持ち

マーケティングの言葉で
お客さまの気持ちを表した言葉があります。

たとえば、
お客さまが商品をAmazonや楽天で探して
目当ての商品を見つけたとします。

そうすると気持ちの流れとしてはこのようになります。

認知

興味・関心

比較・検討

購入

このようにお客さまの気持ちは動いていきます。

ということは、
商品ページで情報を伝えるときは
それに沿って伝えていった方が効果的です。

たとえば、
「検討」の気持ちになっていないときに
他社との比較要素の話や
割引クーポンの話をされても
ピンときませんよね。

まずは、興味を持ってもらうために
興味を引くような話をする必要があります。

そうすることで、
離脱率が減って
結果的に購入率も上がってきます。

この気持ちに沿ったページの順番を作るというのは
とても大切な話なので
商品ページ作りの参考にしてもらえると幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
食べたいタイミング、食べたい料理が出てくるお店は素敵です。

 

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^