欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

生活スタイルの 朝方と、夜型について。

こんばんは。

だいたい週に1回のペースで
ジムに行っています。

それで、今年はもっと
重たい重量を上げられるように
なりたいと思っています。

71キロを
超える重さに
未知の世界への挑戦ですね。

それで、重たい重量に
挑戦するために、徐々に
ならしているのですが
その途中の道のりにおいて

右肩を負傷してしまいました。

やってしまいました。

先日の飲み会も
右肩をひそかに負傷していましたが、
それを、おしての出場となりました。
(大した話ではないですが、
言ってみたかっただけです。)

「レジェンド」も引退説が
流れていますので、
私も引退にならないように、
あまり無理しないようにします。
(常連さんにしか分からないネタですみません。)

さてさて、
突然ですが
あなたは朝方タイプですか?
それとも夜型タイプですか?

輸入ビジネスを通じて
これまでにいろんな方と
お話ししてきました。

それで、仕事時間のことになると
朝方タイプの方と
夜型タイプの方に
分かれます。

朝方タイプの方は、
朝起きてからが一番集中できるので
スッキリした頭で、
午前中に仕事をさばいていくパターンです。

夜型タイプの人は、
周りが寝静まって、静かになった
時間帯にだんだん頭が冴えてきて
集中できるタイプです。

これはどちらが
良いというわけではなくて、
単にどちらが
向いているかということですね。

考えてみると、私の周りの人の話を聞くと、
長くビジネスを続けている人は、
同じ人でも「以前は夜型だったけれど
だんだん朝方になった」
という方が多いようです。

これはなんでだろう
ということで
ちょっと考えてみたんですよね。

それでなんですが、
長くビジネスを続けていくと
次第に時間の効率化や
作業効率などを意識するようになります。

それで、いつもできるだけ
一定のパフォーマンスを出したいと思うと
自然と規則正しくなっていきますよね。

たとえば、夜の11時寝て、
次の日は、朝の5時に寝て。
そして、次の日は1時寝て、次は朝方に寝て
というふうになると、不規則な生活になって
体調もコンディションも一定にならないですよね。

起きる時間も変わるし、食事の時間も変わります。
食事の回数も変わりますよね。

なので、
時間管理や体調管理を考えていくと
だんだんと一定の時間に寝て
一定の時間に起きるように
なっていくのではないでしょうか。

そして、寝る時間を一定にするとしたら
やっぱり12時くらいに寝るのが一般的に
なりますよね。

ちなみに私の場合は
どちらかというと
朝方タイプの方ですかね。

だいたい7時くらいに起きるのですが
それからの午前中の時間が仕事に
集中できます。

午後は、コンサルティングだったり、
人と話すことが多いです。

そして、夕方になると
だいぶ頭も疲れてきます。

夜になると
むずかしいことを考えたくなくなります。

こんな感じですね。

これについては、時間の使い方も、
本業と副業でも違いますし、
先ほどお話しましたとおり
朝方と、夜型でも違ってきます。

ですが、できるだけ同じ時間に
決まったことをすることを
パフォーマンスも一定になりますので、
一度ご自分の生活スタイルを
振り返ってみてはいかがでしょうか?

午前中の方が集中できる人が
午前中に休んでいたら
もったいないですからね。

まずは、
寝る時間を一定にすることで
体の調子も一定になりますので
これはおススメですよ^^

というわけで、生活スタイルの
朝方と、夜型についてでした。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
時間や体調管理の前に、右腕の復活が優先です。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録