日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

新規商品を探すときのちょっと変わったやり方。

こんばんは。

麺類はなんでも好きなんですが、
そばもけっこう好きです。

色々トッピングがのっているよりも、
キツネそばみたいな
シンプルなのが好きなんですよね。

あとは、
ざるそばですね。

江戸前そばというんでしょうか。
ツユが濃いものがよくて、
天ぷらとかいらなくて、
シンプルなのが好きです。

福岡にもおいしいところがあるんですが、
おいしいお店は、
水がきれいなところだったり、
湧き水が出たりするところが多いですね。

水のキレイさと
そばのおいしいさが
比例しているのかもしれませんねー

とかなんとか偉そうなこと言って、
目隠しして、味比べとかしても、
答えを思いっきり外しそうな気がします。

偉そうなこと言うのも
このくらいにしておきます。。

さてさて、輸入商品の販売で
Amazonでカタログを作って
新規登録をするとしますよね。

それで、どの商品を新規登録
したらよいか分からないですよね。

たとえば、
アメリカやヨーロッパで
売れている商品で
日本でまだカタログがないものを
登録したりしますよね。

海外で売れているかは
海外のAmazonでレビューの実績を見れば
おおよその見当はつきます。

このほかにも、
商品を探すやり方として、
私が良く使うやり方があります。

それは、

仕入れ先のメーカーや
ネットショップに売れ行きの商品を聞く

というやり方です。

この場合は、

単純に
「あなたの国で売れ行きの良い
商品を教えてください」
というよりも
もっと具体的な質問をした方が良いです。

たとえば、

「●●メーカーの中で、
あなたのお店で売れているベスト5の
商品を教えてください」

といった聞き方ですね。

こういった方が
相手の担当者は
具体的にその商品のイメージが
わきますので、返事がしやすくなります。

できれば、それらの商品の
アイテムナンバー、UPCやEANコード、
または、そのショップ内のURLなども
一緒に送ってもらいます。

そうすれば、
日本で同じ商品が登録されているか、
売れているかもすぐに調べることができます。

ネットで見つける情報よりも、
人伝えの情報の方が、
他の人が見つけにくい情報なので
差別化につながりやすいです。

うまくいけば、
このやり方で他のメーカーなども
登録していけば
自分だけが仕入れられて、
売れ続ける商品を見つけることができます。

そして、今後はこの中で
新規でうまくいったものの中で、
関連商品や関連メーカーを見つけて
そこに交渉をかけていきます。

こういった商品が増えていけば、
利益率も上がりますし、
自分の中で定番のリピート仕入れができる商品が
増えていきます。

そうすれば、たとえば
日々の単純転売の仕入の時間も
減らせますし、あまった時間を
代理店ビジネスや交渉などの
他の作業時間に使うこともできますよね^^

というわけで、
新規商品を探すときのちょっと変わったやり方
についてでした。
商品選びの参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
道が分からないときも、人に聞けばすぐに分かることもあります。

↓ざるそばの濃い口のツユがお好きな方は、クリックをどうぞ。

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録