日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

新規商品を選ぶときの一つのポイント。

こんばんは。

昨日のそばの話の続きですが、
味比べの話です。

よくテレビ番組とかでも
目隠しして味比べしたり、
飲み比べして
答えを当てるやつあるじゃないですか。

あれ、見ていたらなんか
簡単そうに見えるんですが、
実際にやってみると
むずかしいんでしょーねー

ワインの味などを当てる
番組もありますが
あれなんか相当難しそうです。

辛いか甘いかぐらいは
当てられる気もしますが、
高級なのかそうでないのかなどは
まったく分かる気がしません。

というか、もともと高級なものを
飲んだことがないので
正解が分からないですね。

お酒は高級なものも
安いものもあるでしょうが、
それよりも気の合う人と笑顔で
楽しく飲む方がおいしく感じられると思っています。
(ワインの味が分からない人の言い訳です。)

さてさて、
こちらも昨日の
新規登録商品の続きを
お話しさせてください。

昨日は、売れ筋商品を
取引先に聞いてみる作戦に
ついてお話しさせてもらいました。

そういった人伝えに
リサーチする方法もあれば、
ふつうに各国のAmazonや
eBay、ネットショップから探す方法もあります。

そこでなのですが、
商品選びの一つのポイント
をお話しさせてください。

それは、

その商品を調べるときの検索キーワードがあるか

ということですね。

これは、代理店ビジネスについても
同じような考え方があるのですが、
今日はその話はそれてしまうので、
やめておきます。

たとえば、すごいテクノロジーの
商品で今までになかったような
斬新な機械があったとしますよね。

これが、Amazon.comでとても良く売れていて、
レビューもたくさん入っていたとします。

これを単純に
日本のAmazonで新規商品登録で
出品したとします。

値段もそれなりに高い商品だとします。

もちろん、こういったものは
やってみないと分からないところは
あるのですが、
こういった商品はお客さまからその商品が
認知されていないんですよね。

なので、その商品を
調べる検索キーワードがないため
商品にたどり着く可能性が
低くなります。

逆に、よく売れている工具のメーカー品の
関連商品だったり、
色違いやサイズ違い、旧型新型
といった商品だったとします。

こういった商品は
工具に詳しい人では有名な
メーカーだとすれば、
そのメーカー名で検索したときに
ヒットする可能性がありますよね。

たとえば、

「メーカー名 小型 ドライバー」

などのキーワードで
検索されて、そのときに検索結果に
表示されることができれば
それを探しているお客さまなので
そこから購入まで行く可能性は高いですよね。

とくに、Amazonや楽天、
Yahoo!ショッピングなどの
プラットフォームであれば
検索流入から販売につながる可能性の方が多いです。

なので、
その商品を新しく登録しようとしたときに
「どんなキーワードでお客さまが
検索するだろう??」
と考えてから登録されることをおススメします。

このときに、
「んーー、キーワードが
思い浮かばないんだけど―?」
という場合は、ちょっと難易度が高いので
後回しでよい商品かもしれませんね。

ここから、もっと深く入っていくと
お客さまの声や、要望なども考えていくとよいのですが、
そこまでお話ししだすと
ちょっと長くなりそうなので今日はこの辺で
やめておきますね。

あと、念のためですが、新規登録は全部が
全部ヒットさせようと思うのではなくて
最初のうちは、
「10個やって、1個2個ヒットすればよい」
くらいの考えでやると気が楽になります。

それぐらいの気持ちでやった方が
うまくいったときは、うれしいですし
やっていて楽しいですからね^^

というわけで、新規商品を選ぶときの一つの
ポイントについてでした。
こういったことも積み重ねていくと
販売力もあがっていきますので
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
笑顔になれる時間もあり、笑顔になれる商品もあります。

↓いつも応援、ありがとうございます。

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録