欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

日本に送れませんと言われたときは。(アメリカ、ヨーロッパ)

こんばんは。

もう四月も中旬を過ぎたのに
あったかくなったり
寒くなったりですね。

今年はちょっと例年より寒い気がします。

とくにお昼と夜での
気温の差が激しいですね。

外出が多い方は
お体お大事にされてください。

あれっ?
とおもったときは
早めの葛根湯をおすすめします。

早めの葛根湯と
ミニトマト最強説が
お約束になりつつあります。

ミニトマト最強説は
最近登場していないので
近々登場したいと思います。
(輸入のブログです。)

さてさて、
よくあるご質問にお答えしていきます。

「海外のセラーと交渉しています。
でも、日本に送れないといわれることが多いです。
この場合、あきらめたほうがよいですか?

あと、海外のAmazonで売っているセラーで
日本に送れない設定になっているところは、
あきらめたほうがよいですか?」

とのご質問です。

これは、よくある悩みですよね。

この場合、アメリカのセラーであれば
MyUSなどの転送会社があるので、
「アメリカにも住所があるので
そちらに送ってもらえませんか?」
といえば、たいていの場合大丈夫です。

ヨーロッパの場合は、
転送会社を使うと
VATという税金が別にかかってしまうんですよね。
なので、直送が基本になります。

特に小さなメーカーや、小さなショップであれば
EU圏外への輸出をしたことがないところが多いんですよね。

こういったところに
日本に送ってと頼んでも
相手としては抵抗があるんですよね。

なので、こういった場合は、
現地の郵便局や、DHLなどのリンクをおくって
「すみませんが、こちらに連絡して日本への
送料を聞いてもらえませんか??」
と尋ねてみるという方法もあります。

日本への輸出に興味がある会社であれば
相談に乗ってくれるところもあります。

あとは、量が多ければ
日本のフォワーダーという輸入、通関をしてくれる
業者に連絡して、こちらで輸入する手続きを
してみるという方法もあります。
ですが、これはけっこう量が多くないと、手数料のほうが高くなってしまいます。

あと、もう一つのご質問のほうで、
海外Amazonで日本の直送不可になっている
お店も、そのショップ名と同じ屋号で独自ショップがあれば、交渉すれば
日本に送ってもらえることがありますので、
交渉してみる価値はあります。

日本に送ったことがないといわれたときは
先ほど同じやりとりになります。

というわけで、
日本に送れませんと言われたときはについてでした。
よくあるパターンなので、参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
ちょっとした壁があると、そのあとは壁が守ってくれます。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録